ブランド品:MCMショルダーバッグの買取は買取専門店わかばグラッチェタウン西尾店

西尾の皆様、こんにちは! 西尾市にて金、プラチナ等をはじめとした貴金属やロレックス、オメガやルイヴィトン、エルメス、シャネル、グッチといったブランド品などを買取させて頂いております買取専門店の買取わかばグラッチェタウン西尾店です(*^-^*)

本日は【ブランド:MCM・ショルダーバッグ】をお買取りさせて頂きました! 買取ご依頼頂き誠にありがとうございます!(^^)! 買取専門店わかばグラッチェタウン西尾店で買取したMCMというブランドのバッグ

MCM創業のきっかけとなったのは、1970年代半ばに当時の西ドイツのバイエルン州の州都・ミュンヘンで活躍していた俳優のマイケル・クローマーです。

彼が求めていたレトロなデザインのバッグは、戦後から30年以上経過していた当時のドイツでは時代遅れとみなされ容易には見つけることができませんでした(´;ω;`)

マイケル・クローマーは、それならいっそオリジナルブランドを立ち上げて思い通りのバッグを作ろうと思い立ち、1976年にバッグ製造会社の設立に至ったという逸話が伝えられています。

クローマーが仲間と創業したブランドの名称 “MCM”はローマ数字式の表記では「1900」を意味しており、20世紀初頭風のデザインをイメージした製品を作る意思が込められていると同時に、Michael Cromer Munich:マイケル・クローマー・ミュンヘンの3文字のアルファベット頭文字を意味しています。

1980年代から90年代にかけて、MCMはドイツを代表するレザー製品ブランドとしての地位を確立し、バッグ以外にも財布なシューズなどの革製品全般の専門ブランドとしてヨーロッパ以外でもアジア諸国にも輸出されるようになり、そのブランドイメージを世界的なものに高めていきます。

MCMはアジアの国々の中では特に韓国での人気が高まり、2000年代に入ると経済成長著しい韓国内で、ヨーロッパの有名ブランドを求める層が増加したことと、革製品の大ブームが巻き起こったことも手伝って、ドイツから韓国への輸出の数が突出するようになりました♪

そしてついに、2005年には韓国の大手企業ソンジュグループがMCMの買収に成功し、MCMは韓国企業経営のドイツ風ブランドとして再出発をすることとなります。

韓国発祥のブランドだと思っていましたが、ドイツ発祥だったのは驚きですね( *´艸`) 買取専門店わかばグラッチェタウン西尾店では、お持ち込みいただいた物を全て無料で査定&買取いたします! 是非お気軽にご来店くださいませ☆

また革バッグなどの革の染め直し、染め替えやオメガ、ロレックス等時計のオーバーホール修理、金、プラチナジュエリーのリフォーム修理も行っております。 こちらもご依頼お待ちしております!

    《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》