金の買取は岡崎市の買取わかばへ!買取わかば岡崎シビコ店が金について語ります。金の高価買取なら岡崎の買取わかば

岡崎市にて金などの貴金属を買取しております、買取専門店わかば岡崎シビコ店です。

今回は『貴金属:金』についてお話させていただきます。

 

買取わかば岡崎シビコ店で金製品の買取

皆さんは「金」と聞いて、何を思い浮かべますか?リングやネックレスなどに代表されるゴールド地金のジュエリー、貨幣やインゴット(バー、延べ棒)などの資産などでしょうか。

現代ではオリンピックの金メダルや金をほどこした装飾品、金箔などが代表的なものとしてあげられます。金は光沢が美しい金属で、精錬の必要がない自然金や金鉱石と呼ばれる金を含む鉱石から取り出すことができます。
歴史的に富の象徴として扱われることが多く、物質そのものの価値が他の貴金属の中でも比較的高いことで知られています。あるいは金字塔や時は金なりといった慣用句など、様々なケースで回想することもできます。いずれも「高い価値を誇る」ことが共通していますよね。

では、なぜ金はこれだけ周知され、このように高い価値を持つかをご存知でしょうか。そもそも金とは何なのか、人々が金に魅了され始めたのはいつの時代からなのか。改めて考えたことのある方は少ないと思います。

まず、「金」といっても、どういったものを指すのか、金はどのような特性を持つのかをご説明いたします。金(ゴールド)とは元素記号Au、原子番号79の金属です。Auはラテン語の「光るもの」aurumに、英名のゴールド(Gold)はサンスクリット語の「輝く」にちなんだと言われています。

金の特性はなんといってもその輝きですよね!リングやネックレス、イヤリングなどジュエリーの地金に多く使用されていますが、シーンや年代問わずゴージャスさを演出してくれます。輝きの秘密は金が光の中の青だけを吸収し、その他の色は反射する、といった特性によるものです。

さらに、金の展延性も他の金属にはない特性といえます。金は最も薄く伸ばせる金属で、1gで約3000mもの長さの金糸や、さらに極薄にした金箔を加工することも可能なんです。このこともリングやネックレスなど多彩なデザインを形成するのにとても適していると言われています。

耐酸化性が高いため他の金属に比べ錆びづらく経年による退色・腐食が極めて少ないので、「不変の輝き」を持つことも大きな特性で魅力なんです。

また、金そのものは非常にやわらかく傷ついたり変形しやすいため、金の融解性を活かし金パラジウムや銀、銅などの割り金(わりがね)を配合して合金にします。そうすることで普段使いに適した硬さに調整することが可能になります。

この割り金の種類によって本来の金色とは異なる色相を持たせることもできます。ホワイトゴールドやイエローゴールド、ピンクゴールドなどが有名ですね。この三つのカラーが三連となったリングで有名なのがカルティエのトリニティや、ブルガリのトゥボガスシリーズなどですが、金そのものの輝きとはまた一味違った美しさを備えます。

また金の用途はリングやネックレス、イヤリングなどのジュエリーのみに留まらず、貨幣やインゴット(バー、延べ棒)など資産として、また、導電・熱性を活かした半導体ワイヤーなど工業用としてなど幅広いケースで使用されています。これらは金の持つ不変性と融解性ゆえ、熱で溶かせば全てがまた別の金となることで半永久的にリサイクルが可能です。

古くから貴金属として重宝されてきた金ですが、その理由はもちろん金が持つ輝きもありますが、稀少性もまた大きいところを占めます。金は鉱石から採取されますが、鉱石1tに対してわずか5gほどしか産出されないのです。人々が金を求めて大海原に帆を進めていた歴史を見ると、産出量問題もまた長年の悩みだったのでしょう。

日本の金の歴史を見ていくと、日本では装飾品や貨幣というよりも、建築物や神社仏閣などに使用されてきたことが顕著です。マルコ・ポーロが日本を「黄金の国ジパング」と称しましたが、ヨーロッパでは装飾品や貨幣、死者への供物がメインだったため、日本が贅沢に金を使っていると映ったのでしょうね。

現在日本の金山はほとんど閉山していますが、実はかつて豊富な量産国だった時代がありました。最盛期は8~15世紀で、陸奥の国(現在の岩手県~宮城県)での発見が記録に出てくる初めての金山でした。奥州藤原氏が誇った金色堂などは非常に有名です。その後、佐渡や伊豆半島の土肥、九州地方など全国各地で採掘されました。

また金は、様々な資産形態の中で今後も安定している、という話を聞いたことはありませんか?理由としてはそもそもの産出量の低さもあって年々減少傾向にあり、産出量が需要を大きく上回る可能性が将来的に低いためそう言われます。しかし金の不変性・リサイクル可能な半永久性から、これまで産出した8割以上のものが現存しているとも言われています。

ちなみに貴金属の定義として、こういった稀少性、国際的な流通性や普遍性、経年による劣化がない不変性を指すことがあります。これは金だけに留まらず銀イリジウムやプラチナ、金パラジウムやロジウムなど、リングやネックレスなどジュエリーによく使用されているおなじみの顔ぶれが並びます。

金はいつの時代も高い価値を誇ってきましたが、常に一律の価格ではありません。

金の価値・価格は、

・金の純度

・需要と供給

・為替相場

この3つが大きく関わってきます。それぞれをご説明いたします。

まずは金の純度ですが、K24とかK18とかいう符号を金製品で見かけたことはありませんか?これは金の純度を示すもので、カラットKaratの略称です。金はやわらかいため合金にして硬さを調節しますが、この中の金の割合・純度が高ければ高いものほど価値を持ちます。

K24は金純度99.99%のほぼ純金、インゴット(バー、延べ棒)などの資産として、また一部の国での金貨としてが主な用途です。K22やK18と純度が下がるとジュエリーや高級時計などにも使用され、実用性を備えますが、金としての価値は下がることになります。金製品にはこの純度が刻印されているので、大きな目安になりますね。

次に需要と供給ですが、金が高い価値を持つのは稀少性、つまり供給量の少なさにあります。人々の大きな需要を上回るほどの産出が見込める可能性は将来的に見てもかなり低いです。金の美しさへの需要はもちろんですが、「金の価値」への需要が高い、という理由もあります。

世界的に強い円が流通している日本ではあまり実感がありませんが、情勢不安な国の人々は自国通貨を信じず、金という安定した資産を手に入れようとします。これは世界情勢や景気が不安定な時が最も顕著で、需要が供給を大きく上回り金の価値・価格を高騰させることにつながっています。もちろん需要が落ち着き金の価値・価格が下がることもあります。それは、世界景気が好調な時なんです。

為替相場との関係ですが、金相場はドル建てのため、為替レートの影響も考慮しなくてはいけません。日本国内でも金採掘がまた始められようとしていますが、やはり現在は輸入がほとんどのため円安だと金価格は上昇し、円高だと下落するようになります。アメリカの情勢が不安定になると特に価格が上昇しやすくなります。

 

日本における金の過去最高の価格は、金相場が40年ぶりに史上最高値を更新した2020年8月7日の7,769円/1gです。2020年はコロナウイルス感染拡大の影響で世界情勢への不安が世界中に蔓延しており、経済のリスクが高まった結果「有事の金」として金を購入する方が増え価格も上昇しました。

主に金相場を押し上げた要因として、コロナウイルスの感染拡大によるアメリカ経済への影響が上げられます。
2020年7月米連邦準備制度理事会のパウエル議長が、今の経済低迷が「われわれが経験したことのない」厳しさだとの認識を示し、その後の記者会見で「経済の今後の道筋は極めて不透明であり、大部分はウイルスを抑制できるかどうかに左右される」と指摘したことで経済への不安が高まり、ドルを手放して金を買う人が増えました。安全・安心資産である金に、世界中の機関投資家や個人投資家の資金が集まっていき、そのため金の価格も上昇しました。

しかし、新型コロナウイルス感染症の収束による世界経済の回復、2021年東京オリンピックの開催状況にもより、世界経済は急速に回復するともされていて、結果、金の価格が下落する可能性もあると言われています。

金相場の上昇は、金製のアクセサリーやジュエリーなどの売却時に影響を与えますので、金相場が上昇している現在は、ご売却時期としてはとてもいいタイミングです。買取専門店わかば岡崎シビコ店では、貴金属類の買取に力を入れております。

使わなくなってしまった貴金属類のアクセサリーやジュエリーなどはございませんか?切れてしまったものや、片方だけのイヤリングやピアスでも大丈夫です!

お気軽に買取専門店わかば岡崎シビコ店でまでお持ち込みください。

 

 

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》