岡崎でブランド:ルイ・ヴィトン キーポルの買取は岡崎の買取わかば岡崎シビコ店へ!岡崎でヴィトンの高価買取なら岡崎シビコへ

岡崎、蒲郡、豊田、高浜、西尾にて金・プラチナのアクセサリーなどの貴金属や、ルイヴィトン・シャネル・エルメスなどのブランド品や、ロレックス・オメガなどの腕時計を積極的に買取しております、買取専門店わかばです。

今回は買取ご依頼の多いブランドのバッグを買取わかば岡崎シビコ店より詳しくお届けいたします。

数あるブランドの中でも「ルイヴィトン」と言えば知らない人はいないというくらい有名なブランドですよね!長い歴史を重ねて、絶対的な地位を確立させ不動の人気を誇ります。

今回はそんなルイヴィトンが創業されてから間もなく発売されて、今も多くの人から愛されている旅行バッグの『キーポル』についてお話させていただきます。

買取わかば岡崎シビコ店でルイヴィトンのキーポルというバッグを買取

キーポルは1924年に発表されたボストンバッグです。

旅行用バッグに分類されていて、スーツケースに折りたたんで収納できるボストンバッグとして発表されました。トランクケースとは別に、外に持ち歩く用のバッグとしても使え、発表されてから約100年経った現在でも生産が中止されることもなく、たくさんの人に愛され続けているバッグです。

キーポルはスーツケースに折りたたんで収納できるようにと、柔らかいコットン素材を使用しているのが特徴です。また、丸みを帯びたレザーハンドルには、ハンドルを固定するための「ポワニエ」やネームタグがついているなど、長距離の移動や空港でバッグを預ける際に役立つ機能が備わっています。キーポルが発表された当時は、自動車での移動が普及したころで、創業当時のルイヴィトンは旅行鞄専門店で、トランクケースを主に販売していました。トランクケースと別に持ち歩ける、手軽に運べるバッグとしてキーポルが発表されました。

キーポルは、しっくりと手に馴染む丸みを帯びたレザーハンドルが特徴で、ハンドルには2本のハンドルを固定するポワニエとネームタグが付いています。開口部分はダブルファスナー仕様になってなっていて、2つのファスナーを留めるパドロックもついていて、手荷物を預ける際も安心です。

当初は、コットン素材で作られていた為、重さも軽く、収納力があり「Tient tout」(全てを収納する)と呼ばれていたそうです。
現在のキーポルの名前に変更されたのは、英語で同じ意味の「Keep all」を短縮し「Keepall」に変更されました。

1930年には、ショルダーストラップ付きの「バンドリエール」も発表されました。もちろんショルダーストラップは取り外し可能なので、シーンに応じて持ち方を変えられます。

 

キーポルは4つのサイズが展開されています。それぞれの特徴や使い勝手、実際にどんな場面で使用できるのかお話させていただきますね。自分が使う用途に応じて、どのサイズにしたらいいかわからない…という時の参考にしてみてくださいね。

〇キーポル45

サイズ 約W45.0㎝ H27.0㎝ D20.0㎝

キーポルの中で最も小さいサイズです。幅は45cmあるので、一番小さいと言っても小旅行や遠くへのお出かけの荷物程度なら余裕を持って収納できます。1〜2泊程度の旅行用にピッタリのサイズ感で旅行はいつも1〜2泊程度という人、タオルや着換え、スニーカーなどが必要なスポーツジムなどにも大活躍してくれそうなデイリー使いにもおすすめです。

〇キーポル50

サイズ 約W50.0㎝ H29.0㎝ D22.0㎝

大容量の荷物が収納できるサイズ感です。洋服やコスメアイテムなどの必需品はもちろん、旅行先で購入したお土産なども収納できるサイズです。たくさんの荷物を一つにまとめてお出かけしたいという方にもおすすめのサイズです。

〇キーポル55

サイズ 約W55.0㎝ H31.0㎝ D24.0㎝

2〜3泊の旅行ならキーポル55がおすすめです。幅50cmの収納スペースはかさばる冬服なども余裕を持って収納することができます。小さなスーツケースよりも多くの荷物を収納できるので、急な出張や旅行でもこれ1つあれば十分に対応可能です。荷物が少ない場合でも、ソフトなキーポルならかさばることなく持ち運びできます。

〇キーポル60

サイズ 約W60.0㎝ H33.0㎝ D26.0㎝

キーポルの中でも最も大きいサイズです。3〜4泊分の荷物は十分に収納できるサイズ。着替えや靴を入れても収納スペースに余裕があるので、もし旅行先でお土産をたくさん買いすぎたとしても、全てキーポルに収納することができます。このサイズのキーポルがあれば、急な旅行や出張にも慌てずに済みそうです。

 

続いてキーポルのラインナップを紹介していきます。ルイヴィトンには様々なモデルラインがあり、どのラインも違った魅力を楽しめるのが醍醐味です。モデルライン別の魅力も比較し、自分のお気に入りを見つけてくださいね。

〇モノグラム

ルイヴィトンの中でも、最も人気で定番とされているのがモノグラムラインです。モノグラムは1896年に誕生しているので、およそ100年以上も続く歴史あるモデルラインなんです。日本の家紋からヒントを得たとされている花や星、ブランドイニシャルのLとVを組み合わせたロゴマークは、ルイヴィトンを象徴するデザインですね。

そんなモノグラムとキーポルの相性は抜群で、大きくて存在感のあるキーポルにさらにインパクトを与えて、周囲の目を引くこと間違いなしです!

〇エピ

繊細な型押しが落ち着いた大人の雰囲気を醸し出すエピラインは、上質なレザーを使用していて、風合いはムダのない洗練な仕上がりになっています。モノグラムのような派手さを抑えているので、プライベート問わずビジネスシーンでも活躍してくれます。出張が多い方や通勤用のバッグとして使いたい方はエピのキーポルがおすすめです!

〇ダミエ

2色を市松模様にあしらったデザインが特徴的なダミエラインはモノグラムと並び、不動の人気を誇るラインです。実はダミエラインが誕生したのは1888年と、最も歴史がありモノグラム柄よりも先に誕生しているんです。トランクケースの生地として使われていたダミエは、上質な素材を使っているため耐久性も高く、空港などで預ける機会が多いキーポルにはピッタリです!スタイリッシュなルックスなため、男性からの支持も多く集めています。

〇モノグラム プリズム

2019年、アーティスティックディレクター"ヴァージルアブロー"就任後、初めて開いた限定ストアで販売されたプリズムカラーのキーポルです。幻想的なオーロラを思わせるかのようなデザインは、光の当たり方によって変化し毎回違った雰囲気を楽しむことができます。従来のモノグラムとは違った印象になるので、個性的なファッションを好む方におすすめのラインです!

〇バンドリエール

一般的なキーポルは、ハンドバッグとして持ちますが、バンドリエールタイプはショルダーストラップが取り付けられます。長期の旅行や出張帰り、多くの荷物を片手で持ち運ぶのは辛いですよね。そんな時、肩に掛けて持ち運べれば負担は軽くなります。また、コーディネートや気分によって、ショルダーバッグとして持ちたい時もあると思います。そんな場合でもバンドリエールは活躍してくれます。バッグを長時間持つ機会が頻繁にある方や持ち方を変えてファッションを楽しみたいという方は、バンドリエールタイプのキーポルを選ぶと良いかもしれませんね!

 

〇モノグラモフラージュ

日本のデザイナーの村上隆氏とのコラボアイテムです。あまりの人気にプレミアが付き、当時から入手困難と言われていたキーポルです。ルイヴィトンのスタンダードとデザイナーの斬新な発想が融合したこちらのデザインは、スタイリッシュなキーポルを持ちたいかたにおすすめです。

 

キーポルには4つのサイズ展開があり、サイズの選び方は用途によって変わります。旅行の機会が多い方や、出張が多い方は大きめのサイズを選び、ファッションの一部として取り入れたい方はコンパクトなサイズを選ぶといいですね。

また、モデルラインによっても印象が大きく変わるのもキーポルの魅力のひとつですね。

実用性を追求したキーポルは、旅行や出張に欠かせないアイテムとして息の長い人気を維持している定番ラインです。大好きな場所への旅行も、行き慣れた土地への出張も、ルイヴィトンのボストンバッグ キーポルさえあれば、お出かけをスマートに、そしておしゃれにクラスアップしてくれると思います。

 

買取専門店わかば岡崎シビコ店ではルイヴィトンの買取に力を入れております。ルイヴィトン製品は現行はもちろん廃盤になってしまったものや、経年劣化でボロボロになってしまったものにも価値がありますので、ご自宅に使わなくなってしまったルイヴィトンのバッグ等ございましたら、買取専門店わかば岡崎シビコ店までお気軽にお持ち込みください。

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》