岡崎でルイ・ヴィトン スピーディなどのブランドバッグの買取は岡崎市康生町の買取わかば岡崎シビコ店

岡崎市のみなさんこんにちは!

岡崎・豊田・蒲郡・高浜・西尾に店舗があり、金・プラチナのアクセサリーなどの貴金属や、ルイヴィトン・エルメス・シャネル・などのブランド品、ロレックス・オメガ・カルティエなどの高級腕時計の買取を積極的に買取しております、買取専門店わかば岡崎シビコ店です。

みなさんは「ルイヴィトンのバッグ」というと何を思い浮かべますか⁇ルイヴィトンには数多くのロングセラーアイテムがありますが、50年以上発売されているバッグとなると、そのアイテム数はごくわずかです。今回はそんな50年以上の歴史を持つアイテムの中から、不動の人気である定番バッグの『スピーディ』についてお話させていただきますね。

岡崎でルイヴィトンというブランドのバッグを買取

ルイヴィトンは創業時、トランクケースなど旅行用カバンのアトリエとして出発し、1920年代に旅行用のボストンバッグ 「Tiens tout(フランス語で全てを所持する)」 という商品を発売しました。

そして1930年代に、そのボストンバッグを日常で使用できるように、コンパクトサイズに改良されたバッグが発売されました。「エクスプレス」 というバッグです。その 「エクスプレス」 がスピーディの原型になっています。
スピーディの起源は1930年代まで遡り、半世紀以上も発売されているトラディショナルなアイテムといえます。

タウンユース用に作られたスピーディは、ちょっとしたお出かけなどに最適のバッグです。
もともとルイヴィトンが展開するバッグは旅行用の大きめのサイズが多かったのですが、スピーディが発表されたことを皮切りに、普段使いでも使えるバッグが多く展開されていきました。

スピーディは発売当初、素材をヌメ革だけ使用していました。しかし、1960年前後になると現在のモノグラムキャンバスが発売され、その後ダミエ・ダミエアズール・ヴェルニなどほとんどのラインで製造されるようになりました。

ヌメ革の特徴としては、革本来の変化を楽しめるようにあえてコーティングがされていないという革質です。ただ、コーティングされていないので傷や染みは目立ちやすく、小まめな手入れが必要になります。ヌメ革に比べて、現在のモノグラムキャンバスは軽量化とともに、外面上の経年劣化は目立ちにくいように工夫がされ、日常的に使い易いように改良がされています。

スピーディはサイズ展開が豊富で、使う場面に合わせたバッグ選びが可能なんです!お出かけ用として使えるサイズから、旅行に使える大きめの際まであるので自分が使う用途に合わせて選ぶことができます。使い勝手もよく、海外セレブや芸能人からも愛されている人気のバッグなんです。「ルイヴィトンと言えばスピーディ!」と言われることも多く、街でも多くの女性が持っているのを見かけられます。

「ローマの休日」で有名なイギリスの女優オードリーヘップバーンですが、彼女が愛用していたバッグはルイヴィトンのスピーディでした。週刊誌に写真を撮られる時には、いつもスピーディを手に持っていたといわれています。

彼女はスピーディを愛用するあまり、「もう少し小さいサイズを作って欲しい」とリクエストします。そこで生まれたのが「スピーディ25」です。
スピーディ25はスピーディの中でも特に小さいサイズで使い勝手が良いと、スピーディシリーズのなかでも特に人気があり多くの女性に愛されています。

スピーディが発表されてから今日まで愛されるバッグであり続けているのは、オードリーヘップバーンのリクエストがあったからといってもいいでしょうね。

 

そんな人気のあるスピーディですが、サイズ展開が豊富すぎて、どのサイズを選んだらいいかわからない…という方も多いと思うので、サイズごとの使い勝手や特徴をお話させていただきますね。

〇スピーディ・ナノ

サイズ 約W16.0㎝ H12.5㎝ D10㎝

ナノ・スピーディはスピーディシリーズの中でも最も小さい"ミニチュア版スピーディ"です。幅が小さいので多くの物は収納できませんが、ファッションアイテムとして取り入れる女性が多いです。

ルイヴィトンを象徴するモノグラムやダミエをあしらい、小ぶりでもその存在感は抜群です。シンプルなファッションに取り入れてアクセントとして取り入れるのもいいですね!

ショルダーストラップ付きなので、肩にかけてショルダーバックとしての使用も可能で、アクティブな場所で使用するのであれば、ボディクロスバッグとしても使えます。ショルダーストラップを外せば、ミニチュアハンドバッグにもなり、友達とランチに行く時など荷物が少なく済みそうなときはこのサイズでも十分かも知れません。コーディネートによっておしゃれを楽しむことができるサイズ感です。

〇スピーディ・25

サイズ 約W25.0㎝ H19.0㎝ D15.0㎝

オードリーヘップバーンがリクエストしたとされるのがスピーディ25です。ナノ・スピーディを除くと、最も小さなスピーディシリーズです。

25㎝の幅は、いつものお出かけで持つ携帯や財布、キーケースなどをラクラク収納できます。ファスナータイプなので、落としてしまう心配もありません。ショルダーストラップはついていないので、ハンドバッグとして使いたいという方におすすめです。フォーマルなシーンでも嫌味の無いサイズなので、幅広いシーンで活躍させることが出来そうです。

〇スピーディ・30

サイズ 約W30.0㎝ H21.0㎝ D17.0㎝

スピーディ30は25よりも少し大きめのハンドバッグです。少し遠くへの小旅行、出張などの機会で活躍します。A4サイズのファイルでもきちんと収納できるので、通勤用のカバンとしてもつかうことも可能です。

荷物がいつも少し多めの方、出張用のバッグが欲しいという方はスピーディ30を選んでみてはいかがでしょうか。

〇スピーディ・35

サイズ 約W35.0㎝ H23.0㎝ D18.0㎝

旅行バッグのお供なら、スピーディ35がおすすめです。
スーツケースとは別に、頻繁に出し入れしたい荷物を入れる用のバッグとして最適です。例えば旅行先の美しい景色を撮るためのカメラや、ハンカチ、ポーチ、ちょっとした着替えなどもスピーディ35なら収納できます。

サイズが大きいので、存在感は抜群で、どっしりとした重厚感がより高級感を漂わせています。

〇スピーディ・40

サイズ 約W40.0㎝ H25.0㎝ D19.0㎝

スピーディ40はスピーディの中で最も大容量なバッグです。スピーディ35に比べても収納力に優れ、1泊2日ほどで荷物が多めな方の旅行用のバッグとして最適です。「荷物は多くなってしまうけどせっかく旅行に行くならオシャレしたい」と考えている方におすすめです。

スーツケースは荷物を詰め込みきれない、といったストレスはないものの、持ち運びの不便さや見栄えが少し気になるなんてこともありますよね。そんな時に大きなめなバッグでありながらも、持ち運びの不便さを解消してくれて、コーディネートのアクセントとしても活躍してくれます。

せっかくの旅先の思い出は細部までこだわりたいと思う方にとって、スピーディ40は彩りを与えてくれるサイズです。

サイズの見分け方ですが、バッグの上部にある両サイドどちらかの革タグをめくると、裏側にサイズが記載されていることが多いです。

 

「スピーディはデザインが好きなんだけど、手に持つハンドバッグタイプは苦手かも…」という方にはスピーディ バンドリエールシリーズがおすすめです。

バンドリエールシリーズはスピーディにショルダーストラップがついたもので、ショルダーバッグとしてお使いいただけます。ハンドバッグは手で持ち運びするため、長時間の移動にはあまり向いていません。どこかに置き忘れるなんてこともありますよね。

そういったトラブルが心配な方はショルダーバッグとして持つことができる、バンドリエールシリーズがいいかもしれません。
でも、たまにはハンドバッグとしても使いたいという方もご安心ください。ショルダーストラップは取り外し可能なので、ハンドバッグとしてもお使いいただけます。

 

またスピーディは、モデルラインが豊富に取り揃えられているのも魅力のひとつです。
LとVが特徴的なモノグラム柄や、市松模様のダミエといった定番ラインだけではなく、上品な大人の印象を作り出すエピライン、カラフルなマルチカラーラインのスピーディも展開されています。

デザインが豊富であれば、周囲と被ってしまう可能性も避けられるので様々なモデルラインが展開されているのは嬉しいポイントですね。

スピーディの良さは、どんなファッションにも合って、オールシーズン使えることです。シンプルカジュアルな服に合わせると、バッグが主役となり、コーデを格上げしてくれます。ドレッシーな服にスピーディを持っている人もよく見かけますし、どんな服にもなじみ、それぞれのファッションの良さを引き出してくれるようなバッグです。

 

買取専門店わかば岡崎シビコ店では、ルイヴィトンなどのブランド品の買取に力を入れております。ご自宅に使わずにしまい込んであったり、ボロボロになってしまったブランド品がございましたら、ぜひ一度お持ち込みください。

買取専門店わかば岡崎シビコ店でお待ちしております。

 

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》