豊田でルイ・ヴィトンの買取なら!豊田市の買取わかば豊田高橋店がルイ・ヴィトンを詳しく話します。

豊田市の皆様、こんにちは。

ルイヴィトン、シャネル、エルメスなどのブランドバッグやロレックス、オメガ、タグホイヤーなどのブランド時計、金、プラチナなどの貴金属を中心に買取を行っております、買取専門店わかばです。

本日は皆様はご存知かとは思いますが、Louis Vuitton(ルイヴィトン)についてお話しさせていただきます。

買取わかばルイヴィトンバッグ

ルイヴィトンと一言で言ってしまうと、車で例えるなら『あっ!トヨタだ』『ニッサンだ』と言っているのと同じなんです。

ルイヴィトンの中にも数多く幾通りの種類があり、形、柄様々あるのです。

まずは、そんな中でも昔から根強い人気のモノグラム柄とダミエ柄について。

ルイ・ヴィトンといえばモノグラム。そういったイメージのある方はたくさんいらっしゃると思います。実際売上の6割はモノグラムだといわれています。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

  そんなモノグラム実は、日本の家紋の文化に触発され作られたというのはかなり一般的な話で、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、モノグラムが発売されたのは1896年日本は明治29年です。 さて、一体何がきっかけで日本の文化にフランスのルイ・ヴィトン社は触れたのでしょう。

今日はそのあたり背景を中心にルイヴィトンのモノグラムを紹介します。

そもそもモノグラムって何なんでしょう?? ちょっとここはウィキペディア先生に聞いて見ましょう(以下ウィキペディア抜粋) 【モノグラム (monogram) とは、2つ(まれに3つ以上)の文字や書記素を組み合わせた記号(単に並べただけのものとは区別される。外枠があるならそれに倣って変形していなければならない)個人や団体の頭文字で作られ、ロゴタイプとして使われることが多い】 では、野球でいうところの球団マークも、モノグラムになるということですね。

さて、  フランスでは、日本のアニメが人気ですよね。 最近の日本の文化はフランスでも認められてきたんだなー。なんて私は思っていたのですが、実は、フランスでは比較的早く日本の文化は認められていて、大体1856年頃から始まっていると言われています。

1856年というと、ルイ・ヴィトン社が誕生して2年が経った頃です。 この頃はジャポネズリーと言われ、一部の人の間だけで盛り上がっていたようですが、1870年頃になるとジャポニズムと呼ばれ、万国博覧会の開催や、交通の便の普及により、その影響は多岐に広が入り、ゴッホなどの有名画家にも及んだようです。

さて、話は戻って、モノグラムなのですが、ダミエが誕生してもやはり偽物、コピー商品がなくならない事を危惧したルイヴィトン社は1896年に当時非常に斬新なデザインのモノグラム・ラインを発表しました。

そうです。そうなんです。モノグラムの誕生です。

このモノグラムは当時、万国博覧会で目にした日本の家紋に触発され、作られたと言われています。

当時、モノグラムは複雑なラインを職人さんが一点一点描き上げる手法を使っていたため、同じものを作るのは困難で、コピー商品の製造を激減させることに成功したと言われています。

その後、モノグラムはパリでものすごい人気となり、大ベストセラーになりました。

このできごとは、アトリエにとって更なる飛躍のきっかけとなったのです。

ではダミエ柄ですが。 ダミエと言えばルイ・ヴィトン好きならみんな知ってる市松模様の生地ですよね。

そんなダミエが誕生したのは1888年です。 モノグラムよりも先にダミエは誕生していたのです。

一体なぜその生地を誕生させたのでしょうか? 今日はそんなダミエ誕生までを紹介します。

世界的に認められたルイ・ヴィトンには、コピー商品が出回るという問題が発生しました。

ルイ・ヴィトンの技法は、トランクの上から布地を貼るという技法で、効率もよく賢明な技法ではありましたが、安易にコピー商品が出回ることになってしまいました。 そこでストライプキャンバスというベージュと赤の2色で色付けされた布地で作ったのです。

しかし、この商品も結局はすぐにコピー商品が出ることになりました。 それでも、コピー商品に負けることなく、ルイ・ヴィトンの商品は売れ続けたのです。

そして1885年にはロンドンに進出したのです。 ルイ・ヴィトンのコピー商品との戦いはこの時代から続いていたんですね。

今も昔も悩む問題は同じですね。

ダミエが発表されたのは創始者である、ルイ・ヴィトンの息子ジョルジュが流行りの、コピー商品の製造の防止のために、ベージュと茶褐色のチェス盤を模した生地を作り出しました。 それが、ダミエ・ライン。つまりダミエです。

誕生は冒頭でも言いましたが1888年です。 そしてダミエは1889年のパリ万国博覧会にて金賞を取りました。

けれども、ダミエのコピー商品も出回り、商標登録もしていたがコピー商品が無くなることはなかったのです。

さて、今回ダミエ誕生の経緯を紹介させてもらいました。

調べてみて思ったのはルイ・ヴィトンはもう誕生した当初からコピー商品、まあ偽物ですよね。 この偽物と戦ってきたのですね。 現在でもルイ・ヴィトン偽物は存在します。 こう調べてみると、ルイ・ヴィトンの価値が何となく伝わってきました。

さて、ルイ・ヴィトンと言えばものすごい知名度の誰でも知ってるブランドですよね。

みなさんはどんなイメージをお持ちですか? セレブな感じ、高級ブランド、おしゃれな感じ、まあいろいろあると思うのですが、元々は一体どのようなブランドなのでしょうか? 本日はそんな、ルイ・ヴィトンの初期について紹介します。

ルイ・ヴィトンの創始者であるルイ・ヴィトンさんは1821年、フランスのスイスと国境のすぐ近くのジュラ地方アンシェイ村で製材所の三男として生まれました。

ルイは14歳の時、父親と継母との折り合いが悪く家を飛び出し、そのまま都パリに向かいます。 が、日銭を稼ぐために道中で雑木林を間伐する仕事などをしていました。 彼は実家の製材所で働いていた経験があるため木材の仕事には精通していたそうです。

ようやくパリに着いたルイ少年はパリで荷造り用木箱製造職人兼荷造り職人の見習いとして働きはじめました。

30歳になるころにはフランス随一の荷造り用木箱製造職人兼荷造り職人として名を馳せました。

当時は、鉄道の普及しはじめた時期で、貴族達は鉄道を使って旅をすることがステータスだったそうです。その旅行の際、衣装や装飾品を荷造り用の木箱の中に入れて運んでいたのです。

自分専用の荷造り木箱を専門の職人さんに依頼するというのが、通説です。

ナポレオン3世の妻ウジェニー・ド・モンティジョ。 彼女の華麗な荷造り木箱の製造や荷造りはルイ・ヴィトンがほとんどしたそうです。 それほどまでに認められていたんですね。

1854年5月、ルイ・ヴィトンは、エミリー・クレマンス・パリオーと結婚。

その年カプシーヌ通り(当時はヌーヴ・デ・カプシーズ通り)にアトリエ ルイヴィトンを設立りました。

これがルイ・ヴィトンというブランドの始まりなのです。

開店して数日後、自作のトランクを発表、防水性のあるグレー地の『グリ・トリアノン・キャンバス』を発表、その布地を用いたトランクを生み出し、「ルイヴィトン・マルティエ(ルイ・ヴィトン・荷造り用木箱製造職人)」としてルイ・ヴィトンのブランドがはじまったのです。

長々と書いてみましたが結局のところルイヴィトンというブランドは誰もが認める高級ブランド、そして憧れでもあり頑張れば手の届くご褒美的なブランド、人気があるがゆえにコピー品まで出回る一流ブランドなんですね。

私も何かのきっかけに自分へのご褒美として一つは買ってみようかと思う今日この頃でした。

買取わかばではルイヴィトンやグッチ、エルメス、プラダなどの買取にも力を入れております。

ぜひ買取わかば各店へお持ち込み下さい。  

 

    《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》