岡崎でブランド:ルイ・ヴィトン モンスリ買取は買取わかば岡崎シビコ店!岡崎でモンスリ等ヴィトンのリュックを高価買取

岡崎市の皆様、こんにちは。岡崎・豊田・蒲郡・高浜・西尾にて、金・プラチナのアクセサリーなどの貴金属や、ルイヴィトン・シャネル・エルメスなどのブランド品、ロレックス・オメガなどのブランド腕時計を積極的に買取しております、買取わかば岡崎シビコ店です。

 

本日は誰もが知る世界のルイヴィトンの中の「モンスリ」についてお話させていただきます。

買取わかば岡崎シビコ店で買取をしたルイヴィトンというブランドのモンスリという名前のリュックサック

モンスリはフォルムがコロンとしていて、可愛らしいリュックサック型のバッグになります。

「モンスリ」の名前の由来は、ルイヴィトンが本店を構えるフランス・パリ14区にある「モンスリ公園」が由来とされております。

発売時期がはっきりしないほど古くからの定番モデルとして知られております。

ハンドバッグやトラベルバッグ、トランクが有名なルイヴィトンですが、昨今のリュックブームがあり、モンスリの人気が再熱しております。

モンスリ発表当時、ルイヴィトンとしては珍しいリュックタイプであり、大容量と両手が空く利便性の高さから、一世を風靡したアイテムだそうです。

高級ブランドのルイヴィトンで、リュックサックとは、チープな印象にならないかと心配な方もいるかもしれませんが、小振りで高級感あるデザインに仕上がっておりますので、リュックサック特有の子どもっぽさや、チープな印象を持たれることはないでしょう。

誕生から長い年月が経った今でも、根強い人気があり、修理しながら愛用し続ける方々、そしてそのヴィンテージ感たっぷりなデザインに魅了された若い世代からも注目されております。

「モンスリ」は、抜群の機能性とデザイン性のバランスがいちばんの売りといっても過言ではないでしょう。

広く取られたマチに、巾着開閉式の構造は、一目見てどこにどんなものが入っているか、確認することが可能です。また、長めのショルダーは、5個もの穴での調整が可能になっており、身に着ける人の体格に合わせて微調整できるうえ、その日のシルエットによってショルダーを長くして背負う人もいます。

外側には横長のファスナーポケット、内側にはオープンポケットが付いているので、鍵やスマートフォン、リップなどの小物を小分けに収納する事ができます。

リュックサックはどうしてもカジュアルな印象になりますが、歴史あるルイヴィトンのモノグラムやダミエ、上質なレザーのエピなどの素材のおかげで、エレガントな雰囲気を生み出してくれるのです。

 

モンスリには、3つのサイズを展開しております。どれもリュックならではの高い収納力を誇りますが、大きさによって印象が異なってきます。

そんなモンスリの3つのサイズの特徴と、それぞれの収納力をご紹介させていただきます。

 

【ミニモンスリ】縦22㎝×横21㎝×奥行10㎝

女性の背中からはみ出さず、すっぽりと収まる小ぶりのミニモンスリは、あまりリュックに馴染みがない人にもおすすめのサイズ感になっております。

背負っている後ろ姿が可愛らしく女性の体の線の細さを引き立たせてくれるデザイン性はさすがルイヴィトンです。

ミニと行ってももちろん開閉部分が巾着式なので、荷物の出し入れがスムーズにでき機能性にも大変優れております。

外側にはファスナーポケットがついており、鍵などちょっとした小物を収納できて、財布のほかに、小さめのポーチやスマホなど、必需品はしっかり収納できます。

小ぶりなリュックを背負っている姿が可愛らしく、普段リュックを使わない方にもおすすめできるサイズです。

 

【モンスリMM】縦28㎝×横25㎝×奥行11.5㎝

ミニモンスリより一回り大きいサイズ感となっております。それでもリュックとしてはやや小さめの見た目で、使い勝手の良い大きさがチープさを感じさせないモンスリの魅力です。休日のショッピングやレジャーなどお出かけにぴったりのサイズで、大きめのコスメポーチ、タブレット、500mlペットボトルもしっかり収納できるのに、背中から大きくはみ出さないので、上品な印象になるサイズとなっております。ジーンズやパンツスタイルの他にフェミニンなスカートのコーデにも合いやすい、もっとも使い勝手がよい人気サイズです。

 

【モンスリGM】縦37㎝×横31㎝×奥行13㎝

A4サイズの荷物がたっぷり収納できる、モンスリの中で1番大きいサイズです。マチも13cmと大きく取られているので、厚みのあるポーチやお弁当箱、水筒といったアイテムを収納するのにも適しています。

前ポケットも大きな横長デザインで、スマホや小銭入れを入れておけば、必要な小物が簡単に取り出すことができます。通勤通学カバンにおすすめで、1泊程度の小旅行にも行ける1番収納力に優れたサイズ感となっております。

 

コンパクトサイズから、小旅行用まで3サイズ展開されているので、用途に応じて選ぶことができます。

サイズ展開の幅広さも魅力の一つですが、素材の種類も幅広くあります。

主なデザインの魅力やオススメポイントをご紹介させていただきます。

 

【モノグラム】

定番のモノグラム柄は、カジュアルになりがちなリュックタイプに、ブラウンが基調のモノグラムは高級感ある洗練された印象を与えます。特殊加工したキャンバス地はスタイル問わず合わせやすく、軽くて柔らかく、耐久性や防水性にも優れています。カジュアルからシックなスタイルまでどんなコーデにも合わせやすく、デニムなどのラフスタイルからロングスカートなどの、デイリーユースのリュックとして最適です。
他にモノグラム模様を織り込んだモノグラムミニもあり、明るいカラーが選べるようになっています。

歴史ある重厚な雰囲気があるモノグラムのモンスリは、ヴィンテージ感を楽しみたい人にもおすすめですね。

 

【ダミエ】

ダミエは日本の市松模様からインスピレーションを受けて生まれた、チェックのキャンバスです。かつてルイ・ヴィトンのトランクに使われていたダミエは、重いものを詰め込んでも生地が傷みにくい耐久性を誇っています。

カジュアル過ぎないシルエットとダミエの組みあわせは、クラシカルコーデに合わせてみてはいかがでしょうか。レトロ柄のワンピースや、ロングコートと言った大人可愛いクラシカルスタイルに合わせて、遊び心をプラスした上品なスタイルが完成します。シックな雰囲気が男女問わず人気で、「モンスリ」のラインとして採用されております。

 

【エピ】
フランス語で「麦」を表すエピは、上質なレザーに、横に流れるようなラインの型押しを施したエピは、根強いコレクターもいるほど人気の高いデザインです。あらかじめ型押しによって全体にラインが入っているので、長年使い込んでもわかりにくいため、メンテナンスが簡単です。

シンプルなワンカラーであるものの、エピ独特の型押しは光の当たり具合によって色が変化する特性もあり、まれにツートン風に見えることがあり、使うごとにその色合いの幅と深みの魅力にはまっていく方がいるため、エピコレクターが生まれております。

美しく上品なエピのモンスリは、大人カジュアルなスタイルが好きな女性から人気が高いです。白いブラウスやヒールといった、女性らしいフェミニンな服装にも合わせやすいのが特徴です。

 

より使いやすいように、2017年に「モンスリ」から「モンスリー」にマイナーチェンジがありました。

  • 底面がヌメ皮から、本体と同素材のモノグラムキャンパスに変更となりました。汚れが目立ちづらくなり、使い勝手がよくなりました。
  • フロントポケットがマチのあるU字ポケットから、直線状の平らなポケットに変更となりました。立体化がなくなり、よりシャープな印象です。
  • フロントポケットのファスナープルがルイヴィトンのロゴ入り金具から、ヌメ革へと変更となりました。ポケット自体がシャープになった分、ファスナープルはカジュアルダウンしました。
  • 内ポケットがファスナー付きのポケットから、フラットポケットに変更となりました。シンプルに使いやすい変更です。
  • 裏地が薄茶生地から、マイクロファイバーに変更となりました。高級感が増しました。
  • ショルダー部分がやや太めのショルダーが直接縫い付けられていましたが、細めのショルダーストラップがリングを通して取り付けられるようになりました。耐久性があがりましたね。
  • ハンドルがミニモンスリはヌメ皮、MMとGMは大き目の金属リングが取り付けられていましたが、金属パーツを通してヌメ皮にハンドルが取り付けられるようになりました。

 

そして2021年7月現在販売されているモンスリは、「モンスリPM」という形があります。

33㎝×27.5㎝×14㎝のサイズで、MMとGMの間のサイズ感です。

モノグラムアンプラントと、モノグラムキャンパス・ナチュラルレザー、モノグラムキャンパス・カラーレザーの3種類での販売です。

現行でも販売され続けているモンスリは、使いやすさや耐久性を求め続け、マイナーチェンジを繰り返しながら愛され続けているのですね。

 

本日はルイヴィトン・モンスリのお話をさせて頂きました。

買取わかば岡崎シビコ店では、ブランド:ルイヴィトンの買取に力を入れております。

お見積り、査定は無料となっております。1点1点丁寧に査定いたします。

使わなくなったルイヴィトン商品がございましたら、ぜひ買取わかば岡崎シビコ店へお持ち込みください。

 

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》