西尾でルイ・ヴィトン ノエ等ブランドの買取は買取わかば西尾店へ!西尾でヴィトンなどブランドを高価買取致します!

西尾市の皆様、こんにちは!

岡崎・豊田・蒲郡・高浜・西尾にて、金・プラチナのアクセサリーなどの貴金属や、 ルイヴィトン・シャネル・エルメスなどのブランド品、ロレックス・オメガなどの腕時計を積極的に買取しております、買取専門店わかばグラッチェタウン西尾店です。

本日は、非常に高い知名度と共にフランスを代表する老舗のブランド、ルイヴィトンの中でも巾着バッグの定番、『ノエ』についてご紹介させていただきます。よろしければご一読ください。

買取専門店わかばグラッチェタウン西尾店で買取したルイヴィトンというブランドのノエというバック

 

ノエ初代は1932年にシャンパンボトルを持ち運ぶために誕生し、当時ノエはその斬新な巾着スタイルで注目を集めました。

当時のシャンパーニュ地方のワイン製造業者から「ワインボトルをたくさん入れられる頑丈なバッグを造ってほしい」と依頼があり、商品化されたそうです。

当時もシャンパンバッグというものはあったそうですが当時はまだ1本しか収納できないものが多く、ノエは真っ直ぐ4本、中央に逆さまにしたボトルを1本の計5本ものシャンパンボトルを入れることが可能な収納で内容物によって収納部を締めることも緩めることも可能でした。

 

ノエという名前の由来は旧約聖書に記されている「ノアの方舟」の主人公ノアから取られています。

物語中ノアは大洪水後アララト山(トルコ)にてブドウを栽培し、ワインを好むようになったと書かれており、この逸話から「ワインを好むバッグ」という事で名前を拝借したそうです。

「NOE」はフランス語では「ノア」と読みますが、日本ではそのまま「ノエ」という読み方で浸透しました。

ノエは従来の大きめのサイズから、ポシェットのように気軽に持ち運べる小さめのサイズまで合計4つを展開しています。

 

【ナノ・ノエ】

サイズ:縦15cm×横13cm×奥行きx9.0 cm

従来のノエの半分以下のサイズになったナノ・ノエは、お出かけの必需品を収納できるサイズでミニバッグとして使えます。

小ぶりなボディとは裏腹に、スマホやカード、鍵といったアイテムはしっかり収納できます。

 

【ノエBB】

サイズ:約 縦24cm×横22cm×奥行き15 cm

2013年に誕生した新しいシリーズでノエBBは元来のノエをベースにしたミニバッグです。

開口部が絞られたエレガンスなフォルムはそのままで長めのストラップがポイントです。ポシェットのように、クロスボディとしても身に付けられるデザインになっています。ミニサイズといえど縦長ボディの巾着型だからこそ、長財布やポーチ、ペットボトルまで入る収納力が魅力です。

 

【プチ・ノエ】

サイズ:約 縦27cm×横25cm×奥行き20cm

BBより少し大きく、ノエを一回り小さくしたプチ・ノエは日常使いにぴったりのサイズです。長さ調節できるショルダーストラップが付いているので、短くすればハンドバッグとして長く伸ばせばショルダーバッグとして持てる2WAY仕様になっています。

巾着バッグの特徴であるマチの広さを活かして、BBで入るアイテムにプラス文庫本、手帳など毎日持ち歩きたいアイテムがしっかり収納できます。ストラップの長さでカジュアル、フォーマルどちらにも嬉しい万能サイズです。

 

【ノエ】

サイズ:縦34cm×横26cm×マチ19cm

容量がたっぷりな上に、巾着の大きな開閉口によって荷物の出し入れが簡単なのが人気の理由。

シャンパンの重さに耐えられる耐久性の高さは、通勤バッグとしてもお使い頂け、巾着を締めずに開閉部にゆとりを持たせればA4 サイズの書類やノートパソコン、タブレットも収納可能です。

さらに内側には、ポーチやキーホルダーなどが取り付けられるDリングがついており、見失いやすい小物も簡単に探せるのも機能性の高さが伺えますね。

 

【ネオノエ】

サイズ:幅26.0×高さ26.0×マチ17.5 cm

2017年春に登場した新しいモデルのノエです。取り外し可能のトップハンドルと長さの調整可能なストラップがついているため、5通りの持ち方ができます。

なんといってもカラーバリエーションが豊富で、カラフルな色使いがされていて、デザインも他のノエとは違ったものになっています。

 

ポッシュ・ノエ

サイズ:幅24.0×高さ9.0×マチ22.0 cm

巾着バッグのノエのデザインを生かした巾着ポーチになります。大きく口が開くので出し入れしやすいのが特徴。使い勝手が良くデザインも魅力的です。

 

 

かつてノエは、ルイ・ヴィトンのアイコンテーマ、モノグラムキャンバスのみを発表していましたが、現在はカラーリングや素材を変えた新しいタイプのノエも発表されています。

 

【モノグラム】

ルイ・ヴィトンの代名詞とも言えるモノグラムは、クラシカルなイメージのキャンバス地で創始者のルイ・ヴィトンのLとVを組み合わせた記号とモチーフで構成され全体に等間隔に並べられています。

ブラウンを基調とした落ち着いた印象のモノグラムは、長い間ルイ・ヴィトンのアイコニックとして親しまれてきました。

巾着バッグのノエも全体にキャンバスのモノグラム仕様になっており、ゴールドの上品な金具がシックなブラウンカラーのポイントが魅力的です。

 

【ダミエ・アズール】

ダミエは日本の市松模様を参考にして誕生したモチーフで、ノエに使われているのはダミエ・アズールというホワイトカラーです。

ダミエ・アズールは、紺碧を意味しておりリビエラ海の青い海と砂浜を基にデザインされ爽やかな白と青をベースにしたカラーが特徴です。

 

【エピ】

エピは1985年に発表されたルイ・ヴィトンの人気ラインの一つでフランス語の「麦の穂」が語源で、横に流れるレザーラインの型押しは麦の穂が風に揺れる様を表現しています。

これは厚手の牛革をクロム塩と植物タンニンでなめしてから型押しをする手法によるもの。光の当たり具合によって、光沢や色彩が繊細に変化するため無地のシンプルなデザインながら、エレガンスな風合いが生まれ、ノエの上品な印象をさらに魅力的にしてくれます。

【マルチカラー】

デザイナー「マーク・ジェイコブス氏」と、日本が誇るポップアーティスト「村上隆氏」によるコラボレーションによって誕生したコレクションです。2003年に発表されたコレクションで、それまでブラウン調のシックで落ち着いた印象が強かったルイヴィトンのイメージを覆す革新的なデザインで話題を集めました。

マルチカラーとは“多様、多彩”という意味を持ち、ネーミングの通りカラフルで可愛らしい印象を与えます。

この鮮やかな色彩を表現するために、なんと33もの色が使われているそうです!

 

本日はルイヴィトンの巾着バッグ、『ノエ』についてご紹介しました。次回もお楽しみに♪

買取専門店わかばグラッチェタウン西尾店ではルイヴィトンの買取を強化しています! 中でも特にルイヴィトンの中古需要が高まってきています!

理由としてアジア圏内の景気上昇に伴い購入希望者が増えているにもかかわらず品薄状態となっている為、買取価格も上がってきています。中古品の需要は当然景気にも左右されるので今のこのタイミングは絶好売却のチャンスですのでお見逃しなく(*^-^*)

現行はもちろん廃盤になってしまったものや、経年劣化でボロボロになってしまったものにも価値がありますので、是非ご不要なお品物がございましたらお気軽にお持ち込みください。

歴史が古いルイヴィトンは世界中の人々に愛されているブランドです。新品で買う人もいれば、中古であっても気にしない人もいますし、人によってはかなりのダメージがある状態でも安く手に入るのなら気にしないこともあります。

ダメージがあっても新品より安く手に入るなら中古で欲しい、と考える人々が多くいるからこそ中古ヴィトン市場という巨大なマーケットが築かれているためどんな状態でもお買取り可能です!

買取専門店わかばグラッチェタウン西尾店では、 お持ち込みいただいた物を全て無料で査定&買取いたします!

はじめての方でも安心してご利用いただけるように心がけております! もちろん他店でお見積りだされていてご処分をご検討しているものも大歓迎です、是非お気軽にご来店くださいませ☆

スタッフ一同ご来店お待ちしております。

また革バッグなどの革の染め直し、染め替えやオメガ、ロレックス等時計のオーバーホール修理、金、プラチナジュエリーのリフォーム修理も行っております。 こちらもご依頼お待ちしております!

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》