豊田でブランド・ヴィトン ノエを高価買取!豊田の買取わかば豊田元町店が高級ブランド ヴィトンのバッグを語ります

豊田市の皆様、こんにちは!

ルイヴィトン、シャネル、エルメスなどのブランドバッグやロレックス、オメガ、タグホイヤーなどのブランド時計、金、プラチナなどの貴金属を中心に買取を行っております、買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店でございます。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店のルイヴィトン、ノエの参考画像

今回はルイヴィトンのノエについてお話していこうと思います。

世界的にも有名で人気のあるブランドのルイヴィトン。

そのバッグの中でも人気があるのが1932年には誕生していたノエです。

世界の人たちを魅了してきたルイヴィトン ノエを深堀していきます。

耐久性がありながら柔軟性をも兼ね揃えたレザーやキャンバスの素材で作られている「Louis Vuitton、ルイヴィトン」のバッグですが、今も世界で魅了され続ける人たちが多いのも、さすがルイヴィトンといった様々なデザインや使い勝手があるからなのです。

そんなルイヴィトンのノエ「Noe」ですが、何か日本に馴染みのある形をしています。

それは私たち日本人にも馴染み深い巾着型です。日本古来の袋である巾着は、小物や手回り品を収納する袋としても知られています。

このノエは全盛期の巾着バックブームの先駆け的なバッグでもあり、最初はフランスのシャンパン製造業者からのリクエウストによって生まれたシャンパンを入れる用のバッグとして誕生したのが始まりです。

現在でもそのデザインはおとろえることなく世界中の人たちの憧れのバッグとして活躍しています。

ルイヴィトン ノエの由来は実は聖書に登場する、ノアの箱舟の主人公で最初のワインを作ったとされているノアからきています。

ノアの箱舟といえば、丘の上に箱舟を作ってやがて来た洪水の際に多くの動物たちとノアの家族をのせて洪水を乗り切ったというのが有名なストーリーです。
洪水が引いた後に葡萄の苗木を植え育てて出来上がったワインを飲んだノアは、酔っぱらってしまって裸になって眠りこけてしまったという逸話も残されています。

ちなみにフランス語でNOEという名前は休みや休息と言う意味合いもあるそうで、酔っぱらって眠りこけていたノアそのままの名前ですね。

「NOE」はフランス語では「ノア」と読みます。日本ではそのまま「ノエ」という読み方になっています。

最初に誕生したルイヴィトン ノエは縦長い巾着型のデザインをしていたとされています。

5本ものシャンパンボトルを収納できるほどのとても大きなバッグでした。開閉部分の紐を引き締めることでプリーツという折りひだができてノエならではのエレガンスな印象になります。

初期のノエのように大きめのサイズから、気軽に持ち運べる小さなサイズまで様々なサイズが展開されており、シンプルで可愛らしいフォルムが特徴的です。

ここからはルイヴィトン ノエのシリーズをご紹介していきます。

まず1932年から廃盤されるまでの通常タイプのノエです。

サイズは横幅26cm、高さ34cm、奥行き19cmで作られています。

1932年にシャンパンボトルのキャリーバッグとして登場してから一番と言っていいほどポピュラーで一番長い歴史を持っています。

前述の通りシャンパンが5本も入る大容量のサイズなので、マチがあるため開口部が広く荷物の出し入れにとても便利です。

耐久度の高さも高いポテンシャルを持っていて大きいノートパソコンや、タブレット等も気軽に持ち運ぶことができるほどです。

大容量の収納力と機能性の高さに加え、キーホルダーやストラップなどを取り付けることができるDリングが内側についている為、小物も簡単にまとめることができ、整理もしやすいです。

現在ではモノグラムのM42224やダミエアズールのN42222があります。

次に2007年頃に再登場していたプチ・ノエです。

サイズは横幅24cm、高さ27cm、奥行き18cmで作られています。

ノエBBより少し大きく、ノエよりは一回り小さくして作られたのがプチ・ノエです。日常的に使うにはぴったりのサイズ感で、カジュアルでありながらもエレガンスな印象を与えます。

付属しているショルダーストラップが長さを調節することができるので、ハンドバッグとしても、ショルダーバッグとしても使うことができます。

プチ・ノエにはモノグラムのM40818、エピデニムのM54636、エピアンディゴブルーのM40675、エピノワールのM40752、モノグラムの旧モデルでM42226などがあります。

次にノエBBです。

サイズは横幅24cm、高さ22cm、奥行き15cmで作られています、

2013年頃から発売されているモデルで、小さいタブレットやペットボトルも入り、小さく持ち運びしやすいサイズです。

長いストラップが付属していて様々な使い方ができるモデルになります。

ノエBBもモノグラムのM40817やダミエアズールのM40817があります。

次にミニノエです。

サイズは横幅18.5cm、高さ21cm、奥行き13.5cmで作られています。

2007年~2008年頃に25周年記念で作られたモデルで小さめサイズですが、スマホや財布などを収納出来て使い勝手のいいモデルです。

次にナノ・ノエです。

サイズは横幅13cm、高さ16cm、奥行き10cmで作られています。

2015年頃から発売しているモデルで名前の通り小さいバッグになります。こちらもスマホや小さい財布は入りますが、パーティーなどで使うのにちょうどいいサイズです。

ナノ・ノエはモノグラムのM41346があります。

次にネオ・ノエです。

2017年春にモノグラムラインで発売され、サイズは横幅26cm、高さ26cm、奥行き17.5cmで作られています。

ネオ・ノエの中でもMASTERSコレクションのサイズは横幅26cm、高さ22cm、奥行き27cmで、革紐のディテイルなどが特別な使用になっております。

ネオ・ノエにはモノグラムコクリコのM44021、モノグラムノワールのM44020、モノグラムブルージーンのM43569、モノグラム
ローズプードルのM44022、ダミエアズールオールドローズのN40152、ダミエアズールブルーエのN40153、エピコクリコのM54365、エピノワールのM54366、エピアンディゴブルーのM54367、エピローズバレリーヌのM54370、エピストライプの入ったノワール2018秋冬モデルのM52161、エピストライプの入ったブロン2018秋冬モデルのM52163、エピラブロックノワール2019年モデルのM53237、エピラブロックブロン2019年モデルのM53238、モノグラムラブロック2019年モデルのM44369、MASTERSコレクションのM53501、M53460、M53500などがあり、種類が豊富にあります。

次にネオ・ノエBBです。

サイズは横幅20cm、高さ20cm、奥行き13.0cmで作られています。

ネオ・ノエBBショルダーと短めのハンドルがついており、ハンドバッグとしてもショルダーバッグとしても使えるようになっています。

ネオ・ノエBBにもエピローズバレリーヌ2019年モデルのM53609やエピアンディゴ・サフラン2019年モデルのM53610、エピ
ヴェール・エムロード・アンディゴ2019年モデルのM53612、エピノワール・サフラン2019年モデルのM52853などがあります。

最後にポッシュ・ノエです。

サイズは横幅24cm、高さ9.0cm、奥行き22cmで作られています。

まさに小物入れの巾着のような形をしていて折りたたみ可能なのが特徴です。スマホや財布などを入れて持ち歩くのに便利です。

ポッシュ・ノエはモノグラムのM43445があります。

ルイヴィトンのノエについてお話させていただきましたが、本当に多くの種類があり驚きますね。

この種類の豊富さがあって個性が出せるところもルイヴィトンの魅力ですね。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店ではルイヴィトンの買取に力を入れております。

今回のルイヴィトン ノエや使わなくなったバッグなど是非買取依頼にお持ち込み下さい。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店にてご来店お待ちしております。

 

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》