岡崎でブランド・ルイ・ヴィトン ポシェットダムを買取!岡崎の買取店がルイ・ヴィトンというブランドを語ります

岡崎、蒲郡、豊田、高浜、西尾にてルイヴィトン・シャネル・エルメスなどのブランド品や、金やプラチナなどの貴金属や、ロレックス・オメガなどの腕時計を積極的に買取しております、買取専門店わかば岡崎シビコ店です。

 

ルイ・ヴィトンといえば知らない人がいないというくらい、世界的にも有名なブランドだと思います。知っているのはルイ・ヴィトンという名前だけで、どんなコンセプトのファッションブランドで、どんな歴史を持っているのかは知らないという方も多いのではないでしょうか?

ルイ・ヴィトンと聞くとバッグが真っ先に思い浮かぶ方が多いと思いますが、元々ルイ・ヴィトンは旅行用トランクを専門で販売していました。

岡崎でルイ・ヴィトンというブランドのバッグを買取

まずはルイ・ヴィトンについて少しお話させていただきますね。

ルイ・ヴィトンとは、創始者である「ルイ・ヴィトン」が創始したファッションブランドです。

創始者であるルイは、ルイ・ヴィトンの創業するまでに20年間トランク製造と荷造りの職人として腕を磨いていたので、フランス王室から注文を受けるほどの一流の職人として名が知れた存在でした。そのため、満を持した形で1894年の旅行用トランク専門アトリエをオープンしていて、このアトリエがルイ・ヴィトンの前身となっています。

自身のアトリエを開いた後、当時の移動手段の変化に目をつけ、軽い防水加工を施した平らなトランクを発案したことで、さらに需要が高まります。需要の高まりを受けて、何年もかけてアトリエをどんどん拡大していきました。

しかし、本当の意味でルイ・ヴィトンが評価されたのは、創始者であるルイが亡くなった後です。

そのきっかけとなったのは、ルイの息子のジョルジュが拡大していくルイ・ヴィトン社を運営していきながら、世界へ発信をしていったことです。ヨーロッパを離れてアメリカへも渡航し、ニューヨーク、シカゴなどを旅行しながら、ルイ・ヴィトン製品を売って歩きました。

ルイ・ヴィトンの名前が売れていけばいくほど模造品が出回ったものの、模造品に対抗すべくデザインを工夫したことで、現在でもルイ・ヴィトンの象徴となっている「モノグラム」を生み出すことに成功しました。

そのような努力を続け、1970年代には日本、1980年代には香港と、アジア圏への進出も果たします。この発信力は現在でも衰えておらず、今でも新たなコレクションを発表し続けています。

1978年に日本にルイ・ヴィトンが上陸しましたが、自国のフランスで成功したルイ・ヴィトンが初めての世界進出に乗り出した国が日本でした。
1978年のうちに東京・大阪に6店舗出店し、すぐさまファッション界で話題を集め、大流行となっています。

また、ルイ・ヴィトンは村上隆や草間彌生といった世界的な日本のアーティストとのコラボレーションも行なっています。このようなコラボレーションが実現するのは、日本とのジャポニズムを通しての縁があったからとも言えるでしょう。

現在でも、ルイ・ヴィトンは日本で高く評価されています。

 

今回はそんな世界的ブランドのルイ・ヴィトンの中から【ポシェットダム】のご紹介をさせていただきます。

ルイ・ヴィトンの定番ラインではありますが、このポシェットダムは2代目社長ジョルジュ・ルイヴィトンが考案したアイテムです。ジョルジュ・ルイヴィトンは創業者の息子で、創業者のルイ・ヴィトンが健在であった年代から長きにわたって事業面で活躍していました。1886年にはトランクがそのまま「金庫」になる、鍵付きの特殊な商品を開発しています。

ポシェットダムは、スマートフォンやお財布、メイク道具など必要最低限の物を収納することができるクラッチバッグとして持つことができます。

ルイ・ヴィトンならではのモノグラム・キャンバスで、耐水性、耐久性にもすぐれているので日常シーンから、イブニングシーンまで幅広く活躍するバッグです。

 

そもそもクラッチバッグってどんなものを指すの?となると思う方もいるかと思いますので、特徴や用途について少しご説明させていただきます。

クラッチバッグとは、肩ひものついていない小型のハンドバッグのことをいいます。トートバッグなど大きいハンドバッグの中に入れて持ち運ぶ事もあるため、セカンドバッグと呼ばれることもあります。

持ち手が付いていないので、抱え込んだり、握り込む様にして持つので、アクセサリー的な意味も含めて、女性が持つことが多いのですが、これは女性の礼装(ドレス)にはポケットが付いていない事がほとんどのためです。最低限の化粧品(一般的には口紅とファンデーション)やハンカチなどを入れて携帯するためといわれていましたが、その後、時代の変化と共に男性にも浸透し、現在では男性が使っている姿も一般的になっています。

クラッチバッグを選ぶメリットとしては

・リーズナブル

クラッチバッグ自体がコンパクトなため、使用する素材の面積が小さいことから他のバッグに比べリーズナブルに設定されていることが多いです。

サブバッグとして使用することも多いので、リーズナブルな価格で手に入るのはのは嬉しいですよね!

・服を痛める事がない

バッグの紐を肩にかけることで、ジャケットやシャツにシワが目立ち型崩れの原因にもなります。その点、クラッチバッグは手に持つため、紐を肩にかけたり背負ったりしなくていいので、服にシワを作りません。

できるだけ服にシワを付けたくない、型崩れを防ぎたいという方にはクラッチバッグがおすすめです。

・シンプルで上品なデザイン

装飾品や柄物が少ないクラッチバッグは、存在感はあっても主張しすぎないデザインが魅力です。シンプルで上品な作りは、スタイリッシュな服装によく合います。

基本的に手で持つことが前提なので、汚れにくい素材や撥水加工がされている商品も多くあります。

・サイズ感

セカンドバッグとしても使用されるため、コンパクトに作られています。小さすぎず大きすぎず、持ちやすいサイズ感です。

多くの物は入れられませんが、財布や鍵、携帯など必要な物だけを持ち歩きたい時に適したサイズ感です。

続いてクラッチバッグのデメリットについてですが

・片手が使えない

手で持つため、片方の手が必ず塞がってしまうもで、そこが少し不便かもしれませんね。それが嫌な方は、手提げストラップをつけることで多少改善されます。

気温が下がる秋から冬は寒さが敵になりそうです。その時は暖かい手袋を使いましょう。

・バッグの型が崩れる、収納力が低い

物をクラッチバッグに入れたとき、分厚いものは形が浮き出てしまいます。クラッチバッグの厚さ以内のもの(財布や携帯など)であれば問題ないですが、入れる物が多く、シルエットが崩れる場合は持ち物を減らすなどの工夫が必要になってきます。

普段から持ち物が多い人には、セカンドバッグとしての使用をおすすめします。

デメリットもありますが、工夫次第では様々なシーンで使いこなせるバッグなんです。

 

ポシェットダムのサイズ感・素材について

「ポシェットダムPM」

サイズ 約W26㎝×H14.5㎝×D5.5㎝

素材 モノグラム キャンバス

ポケット 内側/オープン×2/ファスナー×1

「ポシェットダムGM」

サイズ 約W30㎝×H17㎝×D6㎝

素材 モノグラム キャンバス

ポケット 内側/オープン×2/ファスナー×1

 

必要最低限の荷物でコーディネートをおしゃれにまとめられるクラッチバッグ。女性のみならず、ここ数年で男性にもクラッチバッグは普及しています。コーディネートがちょっと寂しいかも…と思った時にクラッチバッグを持つだけでも、雰囲気を変えてくれるのでおすすめです。

クラッチバッグ、セカンドバッグと聞くと、ダンディなおじさまが持ってるイメージ…どうやって持ったらいいんだろう…合わせ方が難しいそう…と敬遠されているかたもいるかもしれませんが、ルイ・ヴィトンのポシェットダムは男性でも女性でも持てるようなフォルムになっているので、いつものファッションの中にも気軽に取り込むことができると思います。ポシェットダムを持つことによって、オシャレ度が一気に上がりそうですね!

 

買取専門店わかば岡崎シビコ店では、ルイヴィトンなどのブランド品の買取に力を入れております。ルイヴィトンは廃番になってしまったお品でも、価値があるため高値がつくことがあります。

経年劣化でボロボロになってしまったり、壊れてしまって使わなくなってしまった、使わずにずっとしまい込んであるルイヴィトンのバッグ等はございませんか⁇お持ち込みして頂いたお品物は、スタッフが一つ一つ丁寧に査定&買取させていただきますのでお気軽にお持ち込みくださいね(*^-^*)

買取専門店わかば岡崎シビコ店にてお待ちしております。

 

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》