豊田でブランド・ヴィトン ぺガスの高価買取!豊田の買取わかば豊田元町店がブランド・ヴィトンのぺガスを語ります

豊田市の皆様、こんにちは!

ルイヴィトン、シャネル、エルメスなどのブランドバッグやロレックス、オメガ、タグホイヤーなどのブランド時計、金、プラチナなどの貴金属を中心に買取を行っております、買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店でございます。

買取わかばドン・キホーテユニー豊田元町店のルイヴィトン・ぺガスの参考画像

今回はルイヴィトンのぺガスというスーツケースについてお話します。

ルイヴィトンにとってこのスーツケースは他のバッグ以上に重要なものです。

なぜならルイヴィトンのコンセプトとしてあげられているのが「旅」だからです。

このコンセプトには理由があります。1894年に創始者のルイ・ヴィトンが旅行用トランク専門のアトリエを創業した頃は移動手段が馬車から鉄道に移行する時代であったため、よりスーツケース、トランクの需要が高まっていたことも深く関係しています。

ルイの息子であるジョルジュ・ヴィトンが「Le voyage」というトランクに関するエッセイを出版しているほどです。
この本によってルイヴィトンのコンセプトを浸透させることができたことで、ブランド価値をさらに高める結果となったでしょう。

これは創業した当時からトランク、スーツケースを起源として徹底してつらぬかれているものなのです。

まずルイヴィトンは1854年、パリにて世界初の旅行鞄の専門店として創業しました。

ルイヴィトンが販売した平たいふたのトランクケースは、前述の通りそれまで馬車だった移動手段が船や鉄道などに変化すると予測して、荷物を効率的に運んだりできるように考案されたものなのです。

1800年代は馬車から船、船から鉄道、鉄道から自動車と、技術や移動手段が急成長していった時代でした。

その後も移動手段や輸送技術は発展を続けていき、現代に近づくにつれて旅は一定の貴族だけのものではなくなり、全ての人にとって身近なものになっていきました。

ルイヴィトンはのちにも特殊な軽量コットンを使用した防水性の高いトランクや自動車の助手席に載せられる実用的なハンドバッグなどを展開しました。今現在にいたるまで、ルイヴィトンは時代の成長や変化と共にありつづける努力を重ねてきたのです。

進化を続ける中で今まで変わらず大事にされてきているのがルイヴィトンのルーツである「旅」というテーマなのです。

自動車だけでなく新幹線や飛行機での移動に適した仕様のキャスター付きスーツケースの「ペガス」はルイヴィトンのこだわりが詰まった重要なアイテムといえそうです。

次にルイヴィトンのぺガスの特徴についてです。

今回のルイヴィトン「ペガス」は、一般的にはスーツケース、キャリーケースなどと呼ばれるタイプのキャスター付き旅行カバンです。

ペガスという名称の由来は、フランス語でギリシャ神話の天馬・ペガサス(Pégase)の意味だと言われています。

ルイヴィトンの定番ラインのモノグラムやダミエなどを使用した「ペガス」は、高級感のある雰囲気がとても魅力的です。

ルイヴィトンらしいラグジュアリーなデザインは、シンプルな見た目になりやすいスーツケースというジャンルの中ではひときわ目を引くoお洒落さがあります。

外見だけでなく、ルイヴィトンならではの質の高さも間違いありません。

上質で丈夫な皮を使い、職人が一つ一つ作り上げていくため、縫製も綺麗でしっかりしています。

なめらかで丈夫なキャスターが取り付けられていて動きも非常に上品で、細かく調整可能なハンドルなどがあり、機能性も抜群です。

ペガスには大まかにわけて2つのタイプがあり、「旧型の廃盤になっているペガス」と「新型の現行のペガス」になります。

見た目や内側外側のポケット数などの機能面が異なっています。

旧型の廃盤になっているペガスはおもにぺガス45、ぺガス50、ぺガス55、ぺガス60、ぺガス65、ぺガス70という6つのサイズで展開されていました。新型はぺガス55のみのワンサイズ展開となっています。

それではまず廃盤となってしまっている旧型のぺガスからご紹介していきます。

まずぺガス45です。

サイズは横幅36cm×高さ47cm×奥行き19cmと

中でも一番小さなサイズのペガス45は、1、2泊ほどの小旅行などに適している容量のスーツケースです。旅行の時に便利な機内持ち込みが可能なサイズとなっています。

モノグラムラインのM23293などで展開されています。

次にぺガス50です。

サイズは横幅36cm×高さ50cm×奥行き18cmで作られています。

ペガス50はこちらも1泊、2泊程度の旅行におすすめの容量になっています。

国際線や100席以上の国内線などの一部飛行機の機内でに持ち込み可能なサイズとなっています。LCCや100席以下の飛行機は、3辺の合計100cm以内という規格になっている場合が多いのであらかじめ各会社にご確認ください。

モノグラムラインのM23251、ダミエラインのN23256、モノグラムヴェルニラインのヴィオレット(M93600)/ポムダムール(M91991)/アマラント(M91992)/ローズポップ(M93713)、タイガラインのアルドワーズ(M23272)/グリズリ(M23278)など、様々なラインやカラー、柄で展開されています。

次にぺガス55です。

サイズは横幅40cm×高さ55cm×奥行き20cmで作られています。

3泊、4泊ほどの旅行に適しているペガス55です。小さすぎず大きすぎない造りをしており使いやすく、取り回しがしやすく老若男女に人気のあるサイズ感です。

モノグラムラインのM23294などで展開されています。

次にぺガス55 ビジネスです。

サイズは横幅40cm×高さ55cm×奥行き20cmで作られていて、サイズはぺガス55と変わりません。

3泊、4泊程度までが対応可能なペガス55 ビジネスです。

しかし普通のぺガス55と違い、通常サイズのノートパソコンが収納できるほど大きいフロントポケット、スーツを収納できるガーメントカバーなど、名前の通りビジネスや出張などに適した機能が追加されているのが特徴になります。

モノグラムラインのM23297、同じくモノグラムラインのM23241などで展開されています。

次にぺガス60です。

サイズは横幅37cm×高さ56.5cm×奥行き18.5cmで作られています。

3泊、4泊以上の旅行に最適なペガス60は、大きめに作られており機能と持ち歩きやすさのバランスが取れたサイズです。

荷物の多いビジネス、出張、旅行でお土産を沢山収納したい方にもおすすめの大容量スーツケースです。

モノグラムラインのM23250、ダミエラインのN23255、ダミエグラフィットラインのN23298、タイガラインのアルドワーズ(M23262)などで展開されています。

次にぺガス65です。

サイズは横幅47cm×高さ67cm×奥行き25cmで作られています。

一週間ほどの旅行にも対応できる大容量サイズのペガス65です。滞在の長い海外旅行にも適したサイズです。

モノグラムラインのM23295、ダミエエベヌラインのN23295、ダミエグラフィットラインのN23301などで展開されています。

次にぺガス70です。

サイズは横幅44cm×高さ65cm×奥行き24cmで作られています。

中でも一番大きなサイズのペガス70は、1週間以上の長期旅行に余裕をもって使える造りで内容量が大きいです。

モノグラムラインのM23248、ダミエラインのN23247などで展開されています。

次に新型ぺガスのレジュール55のご紹介です。

サイズは横幅38cm×高さ55cm×奥行き20cmで作られています。

1泊から3泊まで対応できる容量のペガス レジェール55は、小旅行や出張などにおすすめのスーツケースです。

外側のポケット2つと内側のポケット2つが備えられています。内部にはファスナー式ポケット付き衣類固定用のフラップ2つとハンガー付きガーメントカバーが付属しています。

新型の方が機能が豊富ですね。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店ではルイヴィトンの買取に力を入れております。

ご売却をお考えの方は是非買取依頼にお持ち込みください。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店にてご来店お待ちしております。

 

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》