ブランド:ヴィトン アマゾンを豊田で高価買取!ヴィトンなどブランドを豊田の買取わかば豊田元町店で高価買取致します

みよし市の皆様、こんにちは!

ルイヴィトン、シャネル、エルメスなどのブランドバッグやロレックス、オメガ、タグホイヤーなどのブランド時計、金、プラチナなどの貴金属を中心に買取を行っております、買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店でございます。

買取わかばドン・キホーテユニー豊田元町店のルイヴィトン、アマゾンの参考画像

今回はルイヴィトンのアマゾンについてお話させていただきます。

ルイヴィトン・アマゾンはとても馴染み深いショルダーバッグですが、その背景にはどんなブランドヒストリーがあるのでしょうか。

まずはルイヴィトンの歴史について触れていきましょう。

ルイヴィトンの創始者ルイ・ヴィトンは今から約200年前の1821年、フランスのジュラ地方アンシェイ村で12兄弟の真ん中の子供として生まれました。

ルイは14歳の時には既に職人としてのキャリアを歩み始めていましたが、親との折り合いが悪く家を飛び出し、そのままフランス最大の都市パリに旅立ちました。

ジュラ地方アンシェイ村から遠く離れたパリに向かう途中に旅行カバンにたくさんのアイデアを想いつきました。それはのちのルイの感性に多くの影響を与えたと言われています。

そして20年間トランク製造と荷造りの職人として地道に腕を磨いていき、フランス王室から注文を受けるほどの一流の職人となっていたルイは、1854年に満を持して旅行カバン専門アトリエをオープンしました。これが現在の「ルイヴィトン」のはじまりとなります。

移動手段が馬車から鉄道へ移行する時代だったため、ルイヴィトンは新たな世間のニーズに着目し、丸い形のトランクから、積み上げやすい平らなトランクを考え出しました。

そしてそのころ素材は革が主流だったのですが、「グリ・トリアノン・キャンバス」という軽い防水加工を施したグレーの無地コットンに変え、こちらが大評判となりました。

頑丈でありつつ軽く運びやすい今までになかったトランクを造り出しました。社交界のファッションリーダーであった当時のナポレオン3世の皇妃、ウジェニーの心をつかむほどの大流行でした。

更には旅行用タンスのワードローブトランクを発明するなど、次々と革新的なアイデアを盛り込んだルイヴィトンは独創性と優れた技術で確固たる地位を築き上げていきました。

1880年には初代ルイ・ヴィトンが創り上げた人気アトリエを、息子のジョルジュ・ヴィトンが継承しました。

しかしその門出にはルイヴィトンの様な人気ブランドにつきまとう運命というべき困難が待っていました。それは模倣品の横行です。
当時としてもルイヴィトンの評判、機能性は他社が追いつけほど突出していていました。

同業者によるデザインだけを真似た粗悪な模倣品が市場に出回っていました。それに対抗するためルイヴィトン側がその都度新しいデザインを考え出さざるを得ないという状況を作り出していたのです。

模倣品を減らすための対抗手段として新しいデザインのバッグを求められたジョルジュは、日本の市松模様に影響を受けたといわれているダミエを発表し、これがベストセラーとなりました。

当時パリではジャポニズムに湧いていました。1878年の万国博覧会がきっかけで、マネやゴッホなどの数たる芸術家も虜になった日本文化ブームの真っただ中でした。そしてその中でジョルジュもジャポニスムに心酔した一人でした。

しかしながら残念なことにダミエもすぐに模倣されてしまいます。ダミエのデザインは斬新でしたがとてもシンプルなものでした。

当時の鞄は職人の一つ一つ手作業で商品にデザインを施していたので、生産効率をあげるためにデザインをシンプルにしており、そのため模倣品も簡単に作る事ができたのです。

一向に止まらない模倣品の横行に、ジョルジュは生産効率よりも、より工夫された斬新なデザインが必要だと考えました。
そして模倣品により変革を迫られて次に考え出したのが、あの老若男女に人気のモノグラムです。

LとV、花と星のシンボルが均一に並んでいて均等かつ複雑なパターンで、日本の家紋に影響を受けているといわれている有名なデザインで、現在においてもルイヴィトンを象徴するラインです。

ルイヴィトンのモノグラムはその複雑なラインを職人がひとつひとつ描き上げるため、同じものを作りあげる事は困難であり、以降同業による模倣品を劇的に減らすことに成功しました。
当初の目的を達成しただけではなくモノグラムはパリであっという間に人気を博していき、大ベストセラーとなります。これはルイヴィトンにとって更なる飛躍のきっかけとなった大切な出来事でした。

現在でもルイヴィトンのモノグラムラインは売上のうち約60%を占めると言われています。模倣品を減らすために生み出された革新的なデザインは、変わることなく創意工夫の精神として現在まで引き継がれています。

100年後の1978年には自国フランスで大成功をしたルイヴィトンが、海外進出に乗り出します。

初めての海外進出に選ばれた国は、ジャポニスムでなじみ深かった日本でした。

その年には東京・大阪に6店舗出店しましたが、たちまちファッション界の話題を独占して大流行となりました。

ルイヴィトンと日本は日本を代表する世界的なアーティストとのコラボレーションも実現しました。スーパーフラットの村上隆と水玉模様の草間彌生はモノグラムと同じフラットなデザインを得意とする二人との絶妙なコラボは、アートの業界をも巻き込んで大きな話題となりました。

世界的に人気のブランドLOUIS VUITTONですが、伝統を守りながら発展し続けるブランドとして、誕生から長い歴史が経った今もハイブランド界のトップを常に走り続けています。

そんなルイヴィトンは、残念ながら廃盤になったアイテムも多く存在しています。そのひとつがルイヴィトン・アマゾンです。

人気のショルダーバックだったのですが、残念ながら現在正規店での発売はありません。

コンパクトサイズのショルダーバッグとして人気のルイヴィトンのアマゾンです。

調節可能なショルダーとコンパクトで可愛らしい本体のフォルムが印象的です。

定番の高さ21.5cm×横幅15cm×奥行き10 cmサイズが発表される前に実は3つの種類が展開していたのです。

初期タイプで定番の高さ21.5cm×横幅15cm×奥行き10 cmのサイズよりもさらに小さい高さ18cm×横幅13cm×奥行き9 cmが存在しており、さらに定番のサイズより2回り大きい高さ28cm×横幅20cm×奥行き14cm、さらに大きい高さ36cm×横幅27cm×奥行き15cm。と、アマゾンは全部で合計4種類のサイズが展開していました。

最後に紹介した一番大きい高さ36cm×横幅27cm×奥行き15cmは、すごく短い期間のみの販売だったようでLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)好きの方の中でも見たことがない人も多くいるそうです。

現在ではアマゾンはワンサイズのみでの販売しています。一つのモデルのバッグサイズをたどっていくだけでも面白いですね。

そしてルイヴィトン・アマゾンは何といってもその名前です。

その名前の由来は南米の世界最大の河川アマゾン川からきたとされています。

覚えやすい名前も当時の人気の秘訣だったのかもしれませんね。

使い勝手の良さやお洒落で可愛らしい見た目から今現在でも老若男女に人気のショルダーバッグです。

中古のショップやお店で見かけたらとても貴重かもしれませんね。

最近では定番のモノグラムやダミエのライン以外にもダミエジャイアントという少し変わったデザインのものも出てきています。

これからも新しいモデルのルイヴィトン・アマゾンが発表される可能性もありますので、要チェックですね。

ルイヴィトンにはアマゾン以外にも魅力的なモデルが多数存在していますのでこれからもご紹介していきます。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店ではルイヴィトンも買取しておりますが、その他にもエルメス、シャネル、グッチなどのブランド品の買取に力を入れております。

使わなくなったブランドバッグ、時計など是非買取依頼にお持ち込みください。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店にてご来店お待ちしております。

 

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》