ブランド時計:オメガ(OMEGA)デビルを高価買取!今回は豊田市の買取わかば豊田元町店がオメガのデビルを解説いたします

みよし市の皆様、こんにちは。

ルイヴィトン、シャネル、エルメスなどのブランドバッグやロレックス、オメガ、タグホイヤーなどのブランド時計、金、プラチナなどの貴金属を中心に買取を行っております、買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店です。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店のオメガというブランドの時計の参考画像

今回はオメガのデビルについてお話しさせて頂きます。

オメガのデビルについて触れる前にオメガの歴史についてお話していきます。

オメガは、時計師ルイ・ブランが1848年にスイスで工房を設立したことから歴史が始まりました。

跡を引き継いだルイ・ブランの息子たちにより、高級時計ブランドとして発展していきました。

それまでは職人たちによって手作業で行われていた製造工程を機械化、自動化したり、部品ごとの分業化を世界で初めて採用したりといった改革を進めながら、さらに生産規模を広げていきました。

1894年には、高品質の新型ムーブメント「19 ライン キャリバー」を発表しました。

「究極」という意味を込めて、ギリシャ文字の最後に登場する文字から「オメガ(Ω)」キャリバーと命名されました。

その後の1903年にはキャリバーから生まれた「オメガ」という名前が社名として正式に採用されました。

オメガは、1932年のロサンゼルスオリンピック以来、オリンピックの28大会で公式タイムキーパーを務めています。

近年のオリンピックでは、専門チームが数百トンもの装置を用いて計時していますが、ロサンゼルス大会ではわずか30個のクロノグラフのみが使用されました。それ以降、計時技術も時代と共に発達していきました。

例えば、1948年に行われた夏季・冬季の両オリンピックでは、初めて光電子写真装置が採用され、「機械が人間の精度を上回った最初のオリンピック」といわれています。

また、テレビ画面にタイムを重ねて表示する「オメガスコープ」や、水泳選手自らの手でタイマーを止める「タッチパネル」が使われたり、今ではスポーツで当たり前のように使われている技術も、オメガが開発し、オリンピックで導入された革新的なものでした。

人気のスパイ映画「007」シリーズにおいて、1995年以降の全作中で主人公のジェームズ・ボンドが愛用し続ける腕時計が、オメガの「シーマスター」です。

後のオスカー受賞者でもある当時の衣装担当が、「英国海軍所属で、世界に名だたる控えめな紳士である海軍中佐のボンドには、ブルーダイアルのシーマスターがふさわしい」と提案したことが、オメガ着用のきっかけと言われています。

1995年公開の「007 ゴールデンアイ」で「シーマスター プロフェッショナル ダイバー 300M」を着用して以降、「プラネットオーシャン」「アクアテラ」と、シーマスターの新モデルリリースに合わせて数作品ごとにモデルを変えていきました。

また、新作の公開に合わせ、オメガもこれまで長年にわたり、さまざまな特別モデルを製作しています。

オメガがもっている魅力のひとつに、世代や地域を問わず使われ続けていることが挙げられます。

オメガの時計は幅広い世代から人気を集めており、若者からは憧れのブランドとして、ミドルエイジからはスーツに合う時計として認知されています。歴史が長いため、シニア層にもファンが多いブランドとも言えます。

また、世界各国の人気時計ランキングで、オメガはほとんどの地域においてトップ3にランクインしている人気ブランドであり、地域に左右されることなく支持を得ていることが分かります。

セカンダリーマーケットにおいても、多くのオメガウォッチが出回っているにもかかわらず、長い間相場が下がりにくいことや、需要が常に高い状態を維持していることが推察できるでしょう。

オメガは、ムーブメント内の部品摩擦を軽減し、ケース内の部品のもちを大幅に延ばすことができる「コーアクシャル脱進機」を、業界で唯一採用していることで知られています。

1965年に、高い耐久性が求められるアメリカ航空宇宙局「NASA」の公式装備品にオメガの「スピードマスター プロフェッショナル」が採用されたことは、全世界で大きな話題となり、現在でも有名な話です。

高級感あふれる上品なデザインのモデルだけでなく、高い耐久性と機能性を備えたスポーツモデルも同じく、オメガの腕時計が持つ大きな魅力のひとつといえるでしょう。

マスター クロノメーターという機械式時計の品質における認定規格があり、

スイス公式クロノメーター検定協会の検査をパスしたムーブメントを搭載し、さらにスイス連邦計量・認定局(METAS)が実施する8種のテストに合格した時計だけが、マスター クロノメーターと呼ばれるのです。

マスター クロノメーターは、厳格な基準の下で、防水性・耐磁性・パワーリザーブ・精度などの項目において優れた時計であると認定された時計です。

また、製品ごとに発行された証明書にある番号をオンライン上で入力すれば、METASが実施した8種のテストでどのような成績を収めたのかを知ることも可能です。

オメガでは、時計にさまざまな素材を用いることで、デザイン性を高めるだけでなく、性能や堅牢性も向上させています。

中でも、時計の素材として用いる際の加工が難しいとされるセラミックスは、ひとつの塊を削り出していく独特の技術で加工され、ケースやベゼルなどに用いられています。

さらにはセラミックス製部品に18Kゴールドの装飾を施したり、リキッドメタルと呼ばれる非晶質のアモルファス合金を組み合わせたりして、素材のデザイン性や堅牢性をより高めていることも特徴的です。オメガが開発したのセドナゴールドも、色あせしにくいゴールド素材として高く評価されています。

また、腕時計の機能低下や停止などの悪影響を引き起こす可能性がある磁気の影響をできるだけ受けにくくするように、シリコン製ヒゲゼンマイやニヴァガウス合金などの非磁性素材が使用されており、1万5000ガウスの超耐磁性能を実現しています。

オメガのそれぞれのシリーズについて触れていきます。

まずはオメガと言えばと言っても過言ではないスピードマスターは、1957年にカーレース用の腕時計として販売が開始されて以来、長きにわたり愛されている、オメガの代表的なロングセラーモデルです。

手巻き式モデルの「スピードマスター プロフェッショナル」は、1969年に人類初の月面着陸に携行されるなど、NASAが宇宙における船外活動の使用を認めた唯一の腕時計としても知られ、「ムーンウォッチ」という別名でも呼ばれており、有名になりました。

文字盤の中に、2~3個の小さなダイアルを持つクロノグラフ(ストップウォッチ)機構が搭載されており、スピードマスターを特徴付けるデザインといえるでしょう。小さなケースの中にストップウォッチの機能がゼンマイなどの機構によって作られているのは驚きです。

現行モデルにいたるまでマイナーチェンジを繰り返して、機械式時計の主流が自動巻き式となった現在でも、「スピードマスター プロフェッショナル」だけは手巻き式にこだわったラインナップを維持しています。

「シーマスター」は、長い歴史や多様なモデル展開を誇り、スピードマスターと人気を2分する、オメガの主力コレクションである。

1948年に発売された当初は、日常生活防水レベルの性能を備える程度だったが、後に優れた防水性能を誇るモデルを多く展開するようになっている。

英国海軍の軍用時計として採用されたことや、映画「007」シリーズの主人公ジェームズ・ボンドが作中で愛用したことでも知られています。

プロフェッショナル仕様のダイバーズウォッチとして登場した背景を持ち、視認性や機能性の高さが魅力だ。デザインのスタイルも豊富で、オン・オフ問わず活用できますね。

そして今回の

「デ・ヴィル」は、フランス語で「街」「都会」を意味する言葉です。

1967年に発売が開始されたデ・ヴィルは、もともとシーマスターのサブコレクションとして扱われていましたが、ドレスウォッチとしての路線を確立するために、シーマスターシリーズからスピンアウトして独立した経緯を持っています。

リリース初期の製品には「シーマスター」と「デ・ヴィル」が併記され、ダブルネーム入りのアンティークウォッチとして取り扱いされています。

シンプルかつクラシカルなデザインの製品が多く見られていましたが、近年は先駆的なデザインをまとった「トレゾア」が、サブコレクションとして登場しています。

オメガの数あるコレクションの中でも、最もエレガントなコレクションのひとつといえるでしょう。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店ではオメガの買取に力を入れております。

壊れていても買い取ります!

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店にてご来店お待ちしております。

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》