豊田市でブランド・ヴィトン マンハッタンの高価買取!豊田市の買取わかば豊田元町店がブランド・ヴィトンのマンハッタンを語る

豊田市の皆様、こんにちは!

ルイヴィトン、シャネル、エルメスなどのブランドバッグやロレックス、オメガ、タグホイヤーなどのブランド時計、金、プラチナなどの貴金属を中心に買取を行っております、買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店でございます。

買取わかばドン・キホーテユニー豊田元町店のルイヴィトン、マンハッタンの参考画像

今回はルイヴィトンのマンハッタンについてご紹介していきます。

マンハッタンについて触れる前にまずルイヴィトンの歴史についてお話します。

ルイヴィトンの創始者ルイ・ヴィトンは1821年にフランスのジュラ地方アンシェイ村で12兄弟の真ん中の子供として生を受けました。

今から200年ほど前の事です。

ルイは14歳の時に既に職人としてのキャリアを始めようとしていましたが、親との折り合いが悪く家を飛び出し、そのままフランス最大の都市パリにでていきます

ジュラ地方アンシェイ村から遠く離れたパリに向かう旅路で、旅行カバンについてたくさんのアイデアを思いつき、それは後のルイ・ヴィトンの感性に多くの影響を与えました。

その後20年間トランク製造と荷造りの職人としてコツコツと修業し、フランス王室から注文を受けるほどの一流の職人となっていたルイは、1854年に満を持して旅行カバン専門アトリエをオープンしました。

これが現在の「ルイヴィトン」の発祥と言われています。

当時は移動手段が馬車から鉄道へ移行する時代でした。

ルイヴィトンは新たな世間の需要に着目して丸い形のトランクから、積み上げやすい平らなトランクを考え出しました。

そして当時革が主流だった材質を、軽い防水加工を施したグレーの無地コットンに変えてこれが大変評判となります。

今までになかった、堅牢でありつつ軽く運びやすいトランクを造り出したのです。

当時の為政者ナポレオン3世の皇妃であり、社交界のファッションリーダーであったウジェニーの心を掴むほどの大流行をしました。

そのころまだなっかったワードローブトランクという旅行用タンスを発明するなど、次々と革新的なアイデアを生み出したルイヴィトンは、独創性と優れる技術とデザインで確固たる地位を築き上げていきました。

1880年には初代ルイが創り上げた人気アトリエを、息子のジョルジュ・ヴィトンが継承しました。

しかしその門出には大変な困難が待っていました。それはルイヴィトンのような人気ブランドにつきまとう運命というべき模倣品の横行です。

当時としてもルイヴィトンの評判、機能性は突出していて、同業者によるデザインだけを真似た粗悪な模倣品が市場に出回っていました。

模倣品に対抗するためルイヴィトンが都度新しいデザインを考え出さなければいけないという状況になってしまっていました。

模倣品を減らす手立てとして新しいデザインを生み出さなければいけなくなったジョルジュは、日本の市松模様からインスパイアされたダミエを発売し、これがベストセラーとなりました。
1878年のパリの万国博覧会がきっかけで、マネやモネ、ゴッホなどの芸術家も虜となった日本文化ブームの真っただ中でした。

パリはジャポニスムに湧いており、そしてジョルジュもジャポニスムに魅了されていました。

ところが模倣品を減らすため生み出したダミエもすぐに模倣されてしまいました。ダミ」のデザインは斬新でしたがシンプルだったため容易に模倣出来てしまいました。

当時のかばん職人の手書きで商品にひとつひとつデザインを施していたので、生産数をあげるためにデザインをシンプルにしており、そのため簡単に模倣品も造る事ができてしまったのです。

なかなかなくならない模倣品に、ジョルジュは生産数を上げるよりも、より工夫された模倣されにくいデザインが必要だと考えました。
そして変革を迫られて次に考え出されたのが、ルイヴィトンで定番中の定番、モノグラムです。

LとV、花と星のシンボルが均一に並んでいて、それでいて複雑な組み合わせ、日本の家紋にインスパイアされている事で有名なデザインで、現在においてもルイヴィトンを象徴するラインです。

モノグラムはその複雑な模様を職人がひとつひとつ描いていくために同じものを作りあげる事は難しく、それ以降同業による模倣品を大幅に減らす事に成功しました。
当初の模倣品をなくすという目的を達成しただけではなく「モノグラム」はパリで瞬く間に人気を獲得、大ヒットとなりました。これはルイヴィトンとってさらなる飛躍のきっかけとなった大切な出来事でした。

現在でもルイヴィトン売上のうち約60%を占めているといわれているモノグラムラインです。模倣品との差別化で生み出された革新的なデザインは、色あせることなく現在も老若男女に人気を博しています。

ルイヴィトンのモノグラムは、前述の通り日本の家紋にインスパイアされているという説が有力とされており、ルイヴィトンと言えばという定番の有名なデザインとなっております。

モノグラムはルイヴィトンにとって象徴ともいうべきラインです。

創業から100年以上の時がたった今でも、新作の発表を楽しみに待つファンやコレクターが沢山存在しており、親しまれています。

マンハッタンは、ルイヴィトンでアーティスティックディレクターを務めていたマーク・ジェイコブスが在籍していた際に、アメリカの眠らない街といわれたマンハッタンをイメージして作り上げたバッグとして有名です。

そのデザインは、とてもスタイリッシュで都会的な雰囲気が漂っていて高級感があります。

ここからはマンハッタンのサイズ展開について紹介していきます。

マンハッタンPM (M40026)

都会的な雰囲気の漂うマンハッタンシリーズです。

マーク・ジェイコブスのデザインとして発売されたこのバッグは、高級感のある印象を与えるゴールドの金具が象徴的なデザインです。

外ポケットの留め具は、開閉がしやすく使いやすいのはマンハッタンPM M40026の最大の特徴と言っても良いのではないでしょうか。

都会のビルが軒並み立っている街並みをイメージしたようなスクエアのポケットには、スマートフォンや財布など、すぐに取り出して使いたい持ち物を収納しておくのにとても便利です。

サイズは横幅28cm×高さ21cm×奥行き14cmで、しっかりと奥行きがあって綺麗に整理整頓も出来る形状をしているので、どこに場にが入っているかわからなくなり、バッグの中身を出して探し物をすることもなさそうです。

マンハッタンGM (M40025)

マンハッタンGM は、マンハッタンPM よりも容量が大きくなったトートバッグです。

サイズは横幅38cm×高さ26cm×奥行き14cmで、タブレットやノートも収納することが出来る機能性も兼ね備えたバッグとして親しまれています。

マンハッタンGM M40025は中央に付いているベルトがメインの特徴になります。

ベルトをしっかり締めれば、大切な持ち物の持ち歩きの時にも安心できます。

ハンドルもとても丈夫で頑丈な作りになっていて、経年劣化の色の変化も楽しめるヌメ革なので、気軽に様々なシチュエーションで使うことが出来ます。

マンハッタン(M43481)

現在発売されているマンハッタンは人気になった旧モデルの新しいバージョンとして誕生しました。

落ち着いたキャラメルの色味をしており、ベーシックな印象を受ける2WAYバッグとなっています。

ショルダーストラップとハンドル、側面から底がキャラメルとなっており、底ビスつきで、地面に置いた際に傷や擦れ、汚れがつきにくい設計となっていて安心です。

様々なシチュエーションに適応するベーシックな印象は、嫌味にならずモノグラムもひきたててみえるデザインですね。

サイズは横幅31cm×高さ22cm×奥行き13cmと、奥行きのある設計になっていて荷物はたくさん入りそうです。

カラーはキャラメルの他にも、パープル色のレザンと、ブラック色のノワールなどいろいろなタイプが展開されています。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店ではルイヴィトンの買取に力を入れております。

ルイヴィトンの他にも、エルメス、シャネル、グッチなど様々なブランド品を買取しております。

使わなくなったブランドバッグなど是非買取依頼にお持ち込みください。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店にてご来店お待ちしております。

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》