西尾でルイ・ヴィトン パピヨン等ブランドの買取は買取わかば西尾店!西尾でルイ・ヴィトン等ブランドを高価買取致します!

西尾市の皆様、こんにちは! 岡崎・豊田・蒲郡・高浜・西尾にて、金・プラチナのアクセサリーなどの貴金属や、 ルイヴィトン・シャネル・エルメスなどのブランド品、ロレックス・オメガなどの腕時計を積極的に買取しております、買取専門店わかばグラッチェタウン西尾店です。

本日は、非常に高い知名度と共にフランスを代表する老舗のハイブランドとしての絶対的な地位を築き、不動の人気を誇るルイヴィトンの

創業されてからまもなくで発売され、現代においても多くの人々に愛され続けているパピヨンついてご紹介させていただきます。

買取専門店わかばグラッチェタウン西尾店で買取したルイヴィトンというブランドのバッグ

蝶を意味する名前を持つパピヨンは1966年に誕生しました。

4代目アンリ・ルイ・ヴィトンがデザインし、その2つのハンドルがまるで羽ばたく蝶を連想させますよね。

パピヨンは年代によって少しずつマイナーチェンジしており、ハンドルの素材・ハンドルの長さ・ポーチ付属の有無・パドロック付属の有無などが挙げられますのでご紹介させていただきますので宜しければご一読ください。

・1966年代

型押しされた革のハンドルを使用したハンドバッグタイプとして登場。この頃はバッグにポーチの付属がありました。内側はピッグスキン(豚革)となります。

初期パピヨンは、今では「ヴィンテージ」や「オールドタイプ」などと呼ばれて区別されています。
ショルダー部分が濃い茶色のレザー素材のため一目でわかりますね。

現在では状態のよいヴィンテージアイテムはなかなか入手できないことや、ヌメ革だとどうしても日焼けや雨染みが気になるという方もいらっしゃることから中古市場ではまだまだ多く流通しております。

旧パピヨンに付属しているポーチにシリアルはありません。本体に対する「付属」だから、という理由かもしれませんね。
しかしながら、過去にポーチのみ買い足したい人に向けて販売されていた、別売りの「ポシェットパピヨン(M51380)」にはシリアルがありました。

・2002年代

ハンドルがヌメ革に変更され、 モノグラム以外にダミエラインも登場。このときに付属のポーチのハンドルもヌメ革に。

完全な防水性を誇り、柔軟性が高く、何よりも軽量なのが魅力です。また、使い続けていると、ハンドル部分のヌメ革の色味が変化するのも楽しみのひとつですが、ヌメ革の特徴としては革本来の変化を楽しめるようにあえてコーティングがされていないという革質です。

ただ、コーティングされていないので傷や染みは目立ちやすく、小まめな手入れが必要になります。

・2012年代

ハンドルを長くしたショルダーバッグタイプとして使えるサイズにチェンジ。

現在ではポーチの付属がなくなり、代わりにパドロックが付属しました。また、芸術家 草間彌生とのコラボレーション「ヤヨイ・クサマ コレクション」も発表されました。

現在のパピヨンは現代の女性が使いやすいようにと改良されました。
その特徴として一番に挙げられるのがショルダー部分の長さが肩までかけられるように長くなりました。

次に紛失しやすいポーチが廃止され、代わりに外側・内側にオープンポケットが登場。頻繁に取り出すパスケースや手鏡など小さなものを収納するのに便利です。

内側ライニングにはキャンバス地が採用され、従来の型押しレザーに比べて傷が付きにくく、ネイルアートを施した爪でもスムーズに荷物の出し入れが出来る利点があります。

 

パピヨンは様々なサイズ展開があります。

【パピヨン30(新型)M40711】

W30×H15×D15
ショルダー長さ:65cm

【パピヨン30(旧型)M51385】

W30×H15×D15
ショルダー長さ:48cm

【パピヨン26(旧型)M51386】

W27.5×H13.5×D13.5
ショルダー長さ:約32cm

【パピヨン19(旧型)M51389】

W19×H10.5×D9.5
ショルダー長さ:約30cm

ラインナップも豊富ですのであなたのお気に入りが見つかるかもしれません♪

【モノグラム】

ルイヴィトンの中でも、最も人気で定番とされているモノグラムライン。

モノグラムは1896年に誕生しているので、およそ100年以上も続く歴史あるモデルラインです。日本の家紋からヒントを得たとされている花や星、ブランドイニシャルのLとVを組み合わせたロゴマークは、まさしくルイヴィトンを象徴するデザインです。

【エピ】

繊細な型押しが落ち着いた大人の雰囲気を醸し出すエピライン。型押し加工により傷が目立ちにくく、上質なレザーを使用したその風合いはムダのない洗練な仕上がりです。

プライベート問わずビジネスシーンでも活躍してくれ出張が多い方や通勤用のバッグとして使いたい方はエピのキーポルがおすすめです。

【ダミエ】

2色を市松模様にあしらったデザインが特徴的なダミエライン。ダミエもモノグラムと並び、不動の人気を誇るモデルラインです。

実はダミエラインが誕生したのは1888年と、最も歴史があります。トランクケースの生地として使われていたダミエは、上質な素材を使っていることから耐久性も高く、空港などで預ける機会が多いキーポルにはピッタリです。

【ヴェル二】

その名の通り、ヴェルニシリーズのアイテムにはモノグラムの型押しが施されています。

エナメルの光沢感とモノグラムの型押しが融合したデザインが斬新で、1998年に発表されて以降、変わらぬ人気を保ち続けてきました。

ヴェルニを発表したのは、かの有名なデザイナー、”マーク・ジェイコブス”です。彼は自身のデビューコレクションのため、ヴェルニをデザインしました。

それまでに発表されてきたモノグラムやダミエは、カラーバリエーションが少なく、ダークブラウンやブラックなどの暗めの色しかありませんでした。

それに反してヴェルニシリーズでは、豊富なカラーバリエーションを展開したのです。鮮やかなピンクやベージュ、イエローやパープルなどは、それまでダークな印象だったルイ・ヴィトンの印象を大きく変えました。

【モノグラムチェリーブロッサム】

モノグラムチェリーブロッサムの魅力といえば、ポップさを全面に出した春らしいデザインです。

日本を象徴する桜モチーフと、お日様のような笑顔がアクセントですよね。

日本は日いずる国と称される島国ですので、日本らしさに溢れたモチーフが使用されていることが読み取れます。

【ヤヨイ・クサマコレクション】

芸術家 草間彌生と、ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクター マーク・ジェイコブスのコラボレーションによるコレクション。

草間彌生の代表的なアート作品、「Infinity Net(無限の網)」と「Dots Infinity(無限の水玉)」をオマージュとしてルイ・ヴィトンが再解釈。

ラグジュアリー感あふれるカラフルな水玉の世界がフェミニンなコレクションです。

 

買取専門店わかばグラッチェタウン西尾店ではルイヴィトンの買取を強化しています! 中でも特にルイヴィトンの中古需要が高まってきています!

理由としてアジア圏内の景気上昇に伴い購入希望者が増えているにもかかわらず品薄状態となっている為、買取価格も上がってきています。中古品の需要は当然景気にも左右されるので今のこのタイミングは絶好売却のチャンスですのでお見逃しなく(*^-^*)

現行はもちろん廃盤になってしまったものや、経年劣化でボロボロになってしまったものにも価値がありますので、是非ご不要なお品物がございましたらお気軽にお持ち込みください。

歴史が古いルイヴィトンは世界中の人々に愛されているブランドです。新品で買う人もいれば、中古であっても気にしない人もいますし、人によってはかなりのダメージがある状態でも安く手に入るのなら気にしないこともあります。

ダメージがあっても新品より安く手に入るなら中古で欲しい、と考える人々が多くいるからこそ中古ヴィトン市場という巨大なマーケットが築かれているためどんな状態でもお買取り可能です!

買取専門店わかばグラッチェタウン西尾店では、 お持ち込みいただいた物を全て無料で査定&買取いたします!

はじめての方でも安心してご利用いただけるように心がけております! もちろん他店でお見積りだされていてご処分をご検討しているものも大歓迎です、是非お気軽にご来店くださいませ☆

スタッフ一同ご来店お待ちしております。

また革バッグなどの革の染め直し、染め替えやオメガ、ロレックス等時計のオーバーホール修理、金、プラチナジュエリーのリフォーム修理も行っております。 こちらもご依頼お待ちしております!

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》