豊田でブランド時計:ショパールの高価買取はお任せ!豊田市の買取わかばがブランド時計・ショパールの話をします

豊田市の皆様、こんにちは!

ルイヴィトン、シャネル、エルメスなどのブランドバッグやロレックス、オメガ、タグホイヤーなどのブランド時計、金、プラチナなどの貴金属を中心に買取を行っております、買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店でございます。

買取わかばグリーンシティ豊田高橋店のショパールというブランド時計の参考画像

今回は世界の人々に愛されるスイスの高級時計ブランド「ショパール」の魅力についてお話していきます。

まずはショパールの歴史から紐解いていきましょう。

ショパールの創業者ルイ・ユリス・ショパールは、弱冠24歳で時計職人としての頭角を現しました。

1860年にスイス・ジュラ地方のソンヴィリエに自身の時計工房を構え、このブランドを創業しました。

彼が手掛ける斬新かつ芸術的なデザインの時計は評判が広がり、ロシア皇帝ニコライ2世をはじめとする著名な顧客を獲得しました。

瞬く間にショパールの名が世界に知れ渡りました。

そして、国際市場へ進出するきっかけとなったのは、スイス連邦射撃祭とスイス鉄道の公式サプライヤーに選ばれたことでした。これはすなわち、ショパールの時計が持つ高い信頼性や品質が証明されたことを意味しており、大きな発展をしていくこととなります。

2代目のポール・ルイ・ショパールは、1915年に経営を引き継ぐと同時に、ラ・ショー・ド・フォンに支店を開設しました。

数年後にはスイスの経済の中心地であるジュネーブに本社を移転しました。

1943年には、3代目のポール・アンドレ・ショパールが会社を引き継いだものの、従業員はたったの5人しかいない厳しい経営状況に直面していました。そこで1960年代になると、ポール・アンドレ・ショパールは息子たちが会社を引き継ぐ意志がないことを悟り、会社を売却することを検討しはじめました。

ドイツ・フォルツハイムでは、カール・ショイフレ3世が所有してきた時計・宝飾品を扱うエスツェハ社が新たな展望を視野に入れ、スイスの時計専用ムーブメントのサプライヤーを買収することを決心しました。1963年、新聞に広告を掲載し、スイス、ジュネーブへと足を運びます。

旅の最終日、カール・ショイフレ3世は、ポール・アンドレ・ショパールと対面しました。本人も会った瞬間からうまくいく予感がしていたといわれており、わずか30分で契約を成立させました。その結果、スイスの時計業界としては極めて稀な、時計とジュエリーの製造に特化したブランドが誕生したのです。

スイス時計業界の製造業者とフォルツハイムの金細工職人の幸福な交わりは、ショパールの製品に特別な魅力を与え、トップブランドとしての成功へと導いていきます。

それ以来、2019年現在に至るまで、ショパールは家族経営を継続しています。1980年代からはカール夫妻の子供であるキャロライン・ショイフレとカール・フリードリッヒ・ショイフレが経営に参加しました。今ではそれぞれが独立した職務を持ちながら共同社長を務めています。

ハイジュエリーからレザーグッズまで取り扱っているショパールのラインナップにおいて、ブランドを象徴するアイテムが、時計とジュエリー製造の結晶ともいうべきレディースウォッチです。その中から2つの人気コレクション、「ハッピーダイヤモンド」と「パッピースポーツ」の魅力について触れていきます。

2枚のサファイアクリスタルの間でムービングダイヤモンドが揺れ動く、唯一無二のデザインを持つ「ハッピーダイヤモンド」。

1976年の登場以来、ショパールのアイコンとして輝き続け、多くの女性の心を虜にしています。豊富なバリエーションの中から自分好みの1本を見つける時間もきっと楽しいはずです。

25.8mmのモデルでダイヤ付き18Kローズゴールドケース&ブレスレットでは1.15カラットが付いており、

25.8mmのダイヤ付き18Kホワイトゴールドケース&ブレスレットのモデルは0.44カラットです。

1993年に登場した「ハッピースポーツ」は、ステンレススチールとダイヤモンドという、過去にない斬新な組み合わせのスポーティなタイムピースです。ブランドの代表作であると同時に、普段使いに最適なデザインであることから、発表以来その人気は衰えることを知りません。

30mmの18Kローズゴールドケースとステンレススチールのモデルは革バンドで0.08カラットのダイヤモンドが付いています。

30mmのダイヤ付きステンレススチールケース&ブレスレットのモデルは1.26カラットついています。

ショパールにはメンズモデルのラインナップもあります。

1860年から脈々と続くショパールの時計製造の歴史の中でもメンズウォッチはその伝統を最も色濃く受け継いでいるカテゴリーだと言っても過言ではありません。現共同社長カール・フリードリッヒ・ショイフレが道を切り拓いた主要コレクション、ハイエンドラインの「L.U.C」やスポーツウォッチ「ミッレ ミリア」から注目のモデルを取り上げます。

創業者ルイ・ユリス・ショパールにオマージュを捧げるべく、その頭文字を冠した「L.U.C」は、ショパールが手掛けるウォッチコレクションの最上位を極め、今日多くの支持を集めています。メンズ・レディスともに展開し、自社製ムーブメントを搭載する美しい機械式時計の数々は、マニュファクチュールの誇りと信頼の証である精度とエレガンスがあります。

クラシックカーの愛好家たちの間で“世界一美しいレース”と称賛を受ける「ミッレ ミリア」は1927年からはじまり、1957年に一度は幕を閉じたこのレースは、1977年に新たな方式で再開し、今では世界一人気があるクラシックカーレースとして広く知られています。

ショパールは、1988年から「ミッレ ミリア」とのパートナーシップを結び、オフィシャルタイムキーパーを務めています。偉大なカーレースからインスパイアされて誕生した「ミッレ ミリア」は、自動車と機械式時計の架け橋となる「クラシック レーシング スピリット」を象徴するコレクションへと成長を遂げています。

ショパールには時計以外でもジュエリーも人気です。

共同社長の一人キャロライン・ショイフレが担当するジュエリーは、時計と並び、ショパールの根幹を支える重要なコレクションです。特別なハイジュエリーはもちろんのこと、日常を彩るジュエリーは、世界中の女性たちを魅了し続けてきました。

さらには、2018年7月以降の全ジュエリー&ウォッチにエシカルゴールドを用いていたりと、サステナビリティに対する姿勢が多くの人々から共感を集めています。

象徴的な「ハッピーダイヤモンド」のデザインはジュエリーでも楽しむことができます。2枚のサファイアクリスタルの間を揺れ動くムービングダイヤモンドの魅力を堪能できるペンダント&ネックレスは、ショパールきっての人気ジュエリーとして知られています。

「ハッピーダイヤモンド」のコレクションと同様に、ムービングダイヤモンドのきらめきが感じられる「ハッピードリーム」のリングは、ショパールの入門アイテムとしてもうってつけです。シンプルなデザインであるため、幅広いシチュエーションで着用できます。

最後に最新のメンズ&レディスウォッチの紹介です。先日発売したばかりの話題作「アルパイン イーグル」を筆頭に、ハイエンドなジュエリーウォッチから複雑機構搭載モデルまで、ショパールの「今」が感じられる一品になります。

カール・フリードリッヒ・ショイフレが1980年に生み出した最初の時計「サンリッツ」を現代的に再解釈した最新作「アルパイン イーグル」。こちらのメンズモデルは全コレクションの中でも最もスタンダードな1本です。

ルール・ドゥ・ディアマン ウォッチはショパールのジュエリー分野における芸術性と伝統の時計製造技術力を融合したコレクションです。1969年に登場した斬新なジュエリーウォッチへのオマージュによるデザインは、ラグジュアリーでありながら実用性を備えています。

美しく高級感のあるショパールのラインナップをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店ではショパールの他にも、ロレックス、オメガ、カルティエなどのブランド時計の買取に力を入れております。

壊れていても買い取れます!

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店にてご来店お待ちしております。

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》