岡崎の買取店がブランド時計:パネライを高価買取致します!買取わかば岡崎シビコ店がブランド時計:パネライを語る

岡崎市のみなさんこんにちは!

 

岡崎、蒲郡、豊田、高浜、西尾にてルイヴィトン・シャネル・エルメスなどのブランド品や、金やプラチナなどの貴金属や、ロレックス・オメガなどの腕時計を積極的に買取しております、買取専門店わかば岡崎シビコ店です。

 

本日は高級時計ブランド「パネライ」についてご紹介させていただきます。

買取わかば岡崎シビコ店で買取をしたパネライというブランドの時計

パネライの正式名所は「オフィチーネ パネライ(OFFICINE PANERAI)」です。

イタリアの高級腕時計ブランドです。現在は、リシュモングループの傘下にあります。

パネライの特徴は高級腕時計ブランドであるにもかかわらず、腕時計やクロノメーター以外の機器も生産しています。例えば、温度計や湿度計、気圧計といった機器も製造しております。
また、創業当初からイタリア海軍と強い結び付きがあったことから、潜水用の装備品メーカーとして携行深度計や潜水灯を生産しているのも特徴です。

このように、パネライは時計メーカーであると同時に、軍用向けの精密機器を作るブランドでもありました。軍用に作る精密機器はわずかな狂いが生じるだけで、兵隊の命を危機にさらしてしまいます。
そうした緊張感のある現場へ長年にわたって納品を続けてきたパネライには、イタリア海軍からの高い信頼があったのです。

 

パネライの歴史は古く、遡ること1860年に初の店舗がオープンとなります。

ジョバンニ・パネライが、フィレンツェのグラツィエ橋 に時計店を創立。この店は、時計の販売店および工房としてだけでなく、フィレンツェ初の時計製造学校としての役割も担っていました。そんなパネライの歴史はここから始まったのです。

この店舗は、1876年からフィレンツェ市内の様々な場所に移転した後、グラツィエ橋 の再建工事のため、1920年代に現在の所在地に移動しました。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の前にあるアルチヴェスコヴィレ宮に店舗を構え、「OROLOGERIA SVIZZERA(オロロジェリア・スヴィッツェラ)」という屋号を掲げました。この名前は1世紀以上にわたり、フィレンツェにおける高級時計の代名詞として知られております。

当時はまだ腕時計という概念自体がメジャーではなく、時計店と輸入された時計などを修理する時計工房を兼務して営業していたそうです。また、フィレンツェ初の時計学校として機能していました。

1910年に夜光塗料の「ラジオミール」を自社開発しました。時代は2度の世界大戦に向けて、各国が戦力の増強に余念がないときです。
国土の大部分を海に囲まれているイタリアでは海軍の強化が必須であり、パネライの持つ高い技術力に目を付けたイタリア海軍はさまざまな機器の開発を依頼しました。

期待に応え、精度の高い機器を納入し続けたパネライは、潜水時でも視認性が高いダイバーズウォッチの製作の依頼を受けたのです。
その結果生まれたのが、自社開発した夜光塗料を使用し、現代の人気コレクションの一つとなる「ラジオミール」の原型です。

その後、1949年には新たな蛍光物質としてトリチウムを原料にした「ルミノール」の開発に成功します。
ルミノールを使用したコレクションは1993年に民間向けにアレンジして販売され、現在ではラジオミールと並びパネライを代表するアイテムの一つとなっています。

 

イタリア海軍からの高い信頼があったパネライは、民間向けに開発された腕時計の数々も消費者から高い関心が示されているのも事実です。パネライが軍と民間の両方から信頼されるブランドになった理由には次のことが挙げられます。

 

まずは、イタリア海軍を支えたという信頼です。

1930年代のイタリアには、自国を防衛するために「ブラックシール」と呼ばれる特殊部隊が存在しており、水深10m地点を低速魚雷に乗って進み、敵艦を爆破する役割を負っていました。
気象条件や時間帯にもよりますが、水深10メートルの世界は暗闇に包まれることも多くあり、普通の時計では味方と連携するための正確な時刻を知ることが当時は困難でした。

そこで注目されたのが、パネライが開発した夜光塗料のラジオミールなのです。暗闇でも光る夜光塗料なら、水深10メートルの場所でも正確な時間がわかり、味方と連携した行動が可能になります。
もともとイタリア海軍と協力関係だったこともあり、パネライがその特殊部隊用の時計製作を任されたのです。

それまでパネライが納品した機器への信頼性が高かったからこそ、イタリア海軍は兵士の命を守る時計という重要なアイテムを発注しました。その高い技術力は現代でも健在で、世界中の腕時計愛好家からも信頼されるブランドとなっているのです。

 

そして、厚めなデザインも人気を確立した一つの要因でしょう。

パネライはもともと軍用の腕時計を製造していたこともあり、耐久性を追い求めていました。そのため、必然的に重厚感を感じさせるデザインとなっています。

それまで、大きなケースデザインは敬遠される傾向にありましたが、軍用だったパネライの時計は強い男性をイメージさせ、デカ厚時計ブームの火付け役になったといわれています。

現在でも一目でパネライの腕時計だとわかるボリュームのあるデザインは、デカ厚時計好きのユーザーから熱烈に支持されているのです。

 

パネライは高級時計ブランドの一つではありますが、蛍光塗料メーカーとしても有名です。前述したように、特殊潜水部隊が行う任務では、暗闇でも光る蓄光塗料が必要不可欠です。
しかし、当初使用していたラジオミールは、放射性物質が含まれていたことから徐々に使用されなくなりました。ラジオミールに代わって台頭したのがルミノールですが、それを開発したのもパネライです。

また、暗闇での視認性をより高めるために、パネライ独自の「サンドイッチ文字盤」を使用したモデルがあるのも特徴です。
サンドイッチ文字盤では下層ディスクに蓄光塗料を塗布し、その上にインデックスや数字をくりぬいたディスクを重ねる方法を用いております。
その方法によって、これまで以上に多くの蓄光塗料を塗布でき、暗闇での視認性が大きく向上したのです。パネライが製造する腕時計は発光力でも他社に抜きん出ており、実用面でも評価されています。

 

このように、パネライは実用性、デザイン性を兼ね備え、信頼を勝ち取り、現在の地位まで昇り詰めたのです。

 

そんな実績あるパネライの代表的なモデルをご紹介いたします。

【ラジオミール】

パネライの代名詞的なコレクションです。コレクション名の由来になっているのは1900年代初頭に自社が開発した蛍光塗料で、イタリア海軍の特殊部隊が問題なく使用できるようにタフさを重視した作りとなっています。

毎年開催される世界最大級の時計や宝飾の見本市のひとつであるジュネーブサロンで後述するルミノール同様に注目を集め、世界的な人気コレクションの仲間入りを果たしています。

 

【ルミノール】

パネライにおいてラジオミールと同じく代表的なコレクションがこちらのルミノールです。従来の蛍光塗料であったラジオミールからの脱却を図り、開発した新しい蛍光塗料が名前の由来になっています。
一見するとラジオミールと同じように見えますが、ルミノールには強固なリューズプロテクターが備わっているのが特徴です。リューズプロテクターによって密閉性が高まり、防水性能もアップしました。

ルミノールは1998年に開催されたジュネーブサロンで大きなインパクトを残し、ラジオミールともどもパネライが再評価されるきっかけとなりました。

パネライらしい厚めのデザインは、現在でも重厚感を追い求めるユーザーから高い評価を受けています。

ルミノールマリーナは、2016年登場と比較的新しいモデルながら、今ではパネライの定番であり、これを選んでおけば間違いないと言っても過言ではありません。

 

パネライは古今を通して、デザインに大きな違いはありません。

さすがイタリアンブランドと言うべきか流行に迎合することなく、しかし上手に時代時代のテイストを取り入れており、そこが一過性の人気にとらわれないパネライ魅力です。

また、デザインとは裏腹に、スペックの進化は超画期的といえます。

パネライはかつては汎用ムーブメントを搭載していましたが、近年では超ロングパワーリザーブを備えた自社ムーブの開発に積極的です。

今なお進化を続けるパネライに注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

買取専門店わかば岡崎シビコ店ではどんな状態でも高価買取いたします。

今回ご紹介した、パネライ商品はもちろんロレックスやオメガ、タグホイヤーなどの高級ブランド時計の買取に力を入れております。

箱や保証書がなくとももちろん買取ができます。

経年劣化でボロボロになってしまったり、壊れてしまって使わなくなってしまった、電池がなく動かない、リュウズ操作が出来ない、使わずにずっとしまい込んであるパネライの時計等はございませんか?

お持ち込みして頂いたお品物は、スタッフが一つ一つ丁寧に査定&買取させていただきますのでお気軽にお持ち込みください。

スタッフ一同、    買取専門店わかばにてお待ちしております。

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》