岡崎でロレックスのミルガウス等ブランド時計の買取はお任せ!岡崎の買取店がブランド時計:ロレックス ミルガウスを語る

岡崎市を中心に金、プラチナ等をはじめとした貴金属やロレックス、オメガやルイヴィトン、エルメス、シャネル、グッチといったブランド品などを買取させて頂いております買取専門店の買取わかばです

今回は昔から男女問わず絶大な人気で色あせない人気の時計ブランド【ロレックス】その中でも「ミルガウス」に関して話させて頂ければと思います!!

 

ロレックスというブランドのミルガウスという時計

「ロレックスの歴史」

ロレックスの誕生は創業者であるハンス・ウィルスドルフが24歳の時、ウィルスドルフ&デイビス社を設立。
イギリス・ロンドンのハットン・ガーデンに構え、時計の輸入販売を始めたのがきっかけでした

1908年に商標登録され、わずか2年という異例の速さでクロノメーターの公式証明書を取得するほど、精度の高い腕時計ブランドとして知られています。

創業当時の腕時計の評判は精度が正しいかどうか疑問視されていた事もあって、創業者であるハンス・ウィルスドルフは、スイスで製造されたムーブメントなどのパーツを仕入れ、精度の追求をしました。その結果が、2年足らずでクロノメーター取得に繋がり、精度が高い腕時計ブランドとして有名になっていきました!!特徴としてなんといっても「ROLEX」のブランドネームと「王冠」マークの2つです。ROLEXというブランド名は当時の創業者であるハンス・ウィルスドルフが100ほどある候補からも決めれず、誰が見ても読めるようなブランド名にしたかったという、こだわりあるモノになっています!!

機能面の特徴と言えば、ロレックス3大発明と言われる『オイスターケース』『パーペチュアル』『デイトジャスト』の3つもロレックスの特徴といわれていますので軽く説明させていただきます!!

「オイスターケース」

オイスターケースは「防水性能」の機能を高めた時計構造の技術で名前の通り牡蠣を意味しており、硬い殻から連想されて命名されています。

金属の塊をくり抜く事で従来のパーツとパーツを組上げる仕組みよりも確実に丈夫な型にし、ねじ込み式と言われるリューズを採用することにより、防水性能をさらに向上させています。

その性能の高さと完成度を証明したのが、海峡横断の達成です。この事から、防水性能の高さを世に轟かせた大発明です。

次に

「パーペチュアル」

今でこそ当たり前になった自動巻きの原点である大発明です。パーペチュアルと名付けられたムーブメント構想は、今まで手巻きで動かしていた手間を省くだけでなく、オイスターケースの防水性能をさらに向上させることになっています。

利便性や性能向上の観点からだけでも素晴らしい発明ですが、世界で初めて取り入れられる独創性やムーブメント構造の芸術性のレベルの高さは、腕時計界の王様ともいえるでしょう!!

そして

「デイトジャスト」

デイトジャストはカレンダーの機能の事で、ご存知の方も多いかとは思いますが、時計の3時付近にある小窓から数字が出ているタイプのカレンダーになります。

デイトジャストが発明された当時はカレンダーの機能自体は存在し、文字盤の外側に小さく日付があり、針で日付を確認できるポインターデイトが主流でした。

小窓に日付を表示させるのは世界初で、3時付近に小窓を設置することにより、ビジネスマン達のスーツが時計に被っていても見やすい設計になっています。

さらに、0時になると日付が変わるという機能の性能の高さが評価され、あっという間に有名になった大発明なのです。

言えますが、やはり時を刻む制度の高さもロレックスの特徴だと思います。

そんななかでも何よりもロレックスと言えば、誰もが知る高級腕時計というブランドが最大の特徴だと思います。創業者がブランド名に込めた思いが実ったのか、高級腕時計を知らない人でも、ロレックスは知っているという人がいるのではないでしょうか。

「ミルガウスの誕生」

まず、1956年に誕生しました「ミルガウス」という名前は、最大1,000ガウスの磁場に耐える。時計の名前の「ミル」とはフランス語で「1,000」という意味である。ミルガウスは、独特のデザインと科学の遺産が融合した、世界でも類を見ない腕時計として誕生しました

誕生のきっかけとしては1950年代は、技術面と科学面で大きな進歩が見られた時代であり、エンジニアや技術者たちが作業環境において磁場にさらされる機会が増えた時期でした。そんな過酷な環境の中、様々な影響がありましたその中でも特に、彼らが身に着けた腕時計の機能への影響は大きく1956年、この問題を解決するためにロレックスはミルガウスを製造を開始、その結果として、ムーブメントを保護する磁気シールドを考案、そのおかげで、最大1000ガウスの干渉に耐えられる設計を得ることが出来ました!!

ミルガウスの発表に続く1950年代後半には、ロレックスはヨーロッパの素粒子物理学研究所であるCERNに依頼し、科学者たちに腕時計をテストしてもらい、実際にその耐磁性が確認されました!!それから60年以上を経た現在も、ロレックスはCERNと提携し、特に数々のカンファレンスや幅広いイベントを支援しており、価値観の共有を通じて密に関わる両者は共に、科学への情熱と、厳密さと卓越性への決意で結び付いているとも言えます!!

そんな、ミルガウスですが、長年にわたり科学の遺産と際立つデザインへのこだわりを保ち続けているシリーズとも言え、オリジナルモデルから着想を得た、美しいラインと稲妻の形をしたオレンジの秒針は特徴的で、すぐにそれと分かる腕時計としてかなり人気も高いことでも有名です!!

長い歴史がある「ミルガウス」ですがロレックスは2007年にミルガウスのモデルを一新、時計製造で初となるケース部分にグリーンのクリスタルを採用、極めて耐傷性に優れるサファイアから製造され、最適な視認性を確保しています!!

「ミルガウス」の最大の特徴としては、「ミルガウス」だけに採用されているエレクトリックブルー、Zブルーダイアルがあり。ブラックダイアルのモデルには、3時・6時・9時の位置にオレンジ色のアワーマーカーが配され、同じ色の秒針と調和している素敵なデザインとなっています!!いずれのモデルもアワーマーカーには、暗闇でブルーの光を放つ特殊な発光素材が充填されています!!

ロレックスの現行製品は全てが自社製ムーブメントを搭載していますが、機能ごとに製造されており、異なるモデルであっても中身が同じ、というケースは少なくありません。例えばデイトジャストとシードゥエラーのムーブメントは同一ですし、GMTマスターとエクスプローラーⅡのムーブメントはベースが同一であったりなど、しかしながらミルガウスにはミルガウスのための特別なムーブメントCal.3131が搭載されているところからも「ミルガウス」磁場に対する熱意などが伺えます!!

そんな様々な歴史があるロレックスですが今中古市場での相場が上がっているのもあり、買取専門店わかばではロレックス等ブランド時計のの買取を強化しています! その中でも特にロレックスの中古需要がかなり高まってきています!

理由としてアジア圏内の景気上昇に伴い購入希望者が増えているにもかかわらず品薄状態となっている為、買取価格も上がってきています。中古品の需要は当然景気にも左右されるので今のこのタイミングは絶好売却のチャンスですのでお見逃しなく(*^-^*)

現行はもちろん廃盤になってしまったものや、経年劣化でボロボロになってしまったものにも価値がありますので、是非ご不要なお品物がございましたらお気軽にお持ち込みください。

歴史が古いロレックスは世界中の人々に愛されているブランドです。新品で買う人もいれば、中古であっても気にしない人もいますし、人によってはかなりのダメージがある状態でも安く手に入るのなら気にしないこともあります!!

ダメージがある状態でも手に入るなら中古でも欲しい、と考える人々が多くいるからこそ中古ロレックス市場という巨大なマーケットが築かれているためどんな状態でもお買取り可能です!

買取専門店わかばでは、 お持ち込みいただいた物を全て無料で査定&買取いたします!

はじめての方でも安心してご利用いただけるように心がけております! もちろん他店でお見積りだされていてご処分をご検討しているものも大歓迎です、是非お気軽にご来店くださいませ!!

スタッフ一同ご来店お待ちしております!!

また革バッグなどの革の染め直し、染め替えやオメガ、ロレックス等時計のオーバーホール修理、金、プラチナジュエリーのリフォーム修理も行っております。 こちらもご依頼お待ちしております!!

《買取わかば各店紹介》

《買取わかばの買取品目》