豊田でブランド食器 :バカラ グロリアをお買取り!買取わかばグリーンシティ豊田高橋店

ルイヴィトン、シャネル、エルメスなどのブランドバッグやロレックス、オメガ、タグホイヤーなどのブランド時計、金、プラチナなどの貴金属を中心に買取を行っております、買取専門店わかばグリーンシティ豊田高橋店です。

本日はこちらをご紹介させていただきます。

バカラのグラス

【ブランド食器 :バカラ グロリア】

クリスタルブランド・バカラは、1764年にフランスのロレーヌ地方にあるバカラ村で誕生しました。

当時のフランスは、戦争の影響によって経済状況が悪化していました。ロレーヌ地方の当主は、その状態を打開するためにガラス産業への参入を考案。国王であるルイ15世によってガラス工場の設立は認可され、バカラ村にガラス工場が作られました。

1816年に初めてクリスタルグラスが製造され、1825年にはアルクール侯爵の注文により「アルクール」シリーズの原型が登場。それを皮切りに、現代でも愛される様々なシリーズが生まれていきます。

また1855年、1867年、1878年のパリ万博ではグランプリを受賞しており、そのブランド効果は高まっていきました。

バカラで使用されている素材は、フルレッドクリスタルと言います。フルレッドクリスタルとは、酸化鉛の含有率が30%以上で、密度が3.00g/cm3以上のものを指します。

フルレッドクリスタルの特徴としては、その透明度のほかに、重厚感や弾いた時の澄んだ音が上げられます。

バカラは世界中の王室・皇室で愛用されています。

バカラの本拠地であるフランスの王室はもちろん、イギリス王室やロシア皇室、タイ王室、モロッコ王室、そして日本の皇室もバカラを注文しています1921年には、当時皇太子であった昭和天皇が、パリのバカラショップを訪れた記録も残っているそうです( *´艸`)